0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

BSは室内アンテナOKって知ってましたか?室内設置のメリットとデメリットを解説

2021.10.25

アンテナ工事

テレビアンテナは屋外に設置するものと思い込んでいませんか?実は地上デジタル放送用の八木式アンテナもBS放送用のパラボラアンテナも室内に設置することができます。しかもどちらもメリットが多彩です。

そこで今回は、BSアンテナに焦点を当て、室内に設置する際のメリットとデメリットについて解説していきます。

BSアンテナを室内に設置するメリットは多彩

通常は屋外に設置するBSアンテナですが、屋内に設置することができればたくさんのメリットがあります。その代表的なメリットは下記になります。

壁に穴を開ける必要がない

BSアンテナを屋外に設置する場合、ケーブルを室内に引き込むために壁に穴を開ける必要があります。一戸建ての場合は建築時にケーブルの引き込み口を設けている場合がありますが、ない場合は改めて穴を開ける必要があるのです。この時に適切な処理をしないと、穴から雨水が入ったり、隙間風が入るなど後々トラブルになることもあります。

またマンションの場合、ケーブルの引き込み口がない場合は穴を開けることができないため、窓枠やサッシなどの隙間を利用するなどして対応します。しかしこの場合も、雨水や風が室内に侵入する可能性があります。

強風で方角がずれるなどの心配がない

屋外に設置していると、風の影響でアンテナの角度がずれる可能性があります。特にBSアンテナは電波を受け止める反射鏡が、強風の影響を受けやすい円形になっています。しかし室内に設置すれば風の影響を受けることはないため、アンテナの角度がずれる心配はないのです。

雨や紫外線などで劣化が進む心配がない

屋外に設置しているBSアンテナは、雨や紫外線などを常に浴びています。そのため通常よりも劣化が進む傾向があります。

特に海沿いの地域では塩分を含んだ風を浴びているため、サビがつきやすくなります。もちろん防水処理などで耐久性の向上を図っていますが、それでも室内に設置していた方が劣化しにくいのです。

BSアンテナを室内に設置するデメリットとは?

次はBSアンテナを室内に設置する際のデメリットです。代表的なものを2つ紹介します。

受信電波が弱い可能性がある

BSアンテナを室内のどの位置に設置するかによりますが、通常考えられるのは窓際です。この場合、ガラスを通った電波を受信するため、電波が弱くなってしまいます。

特にガラスが二重のペアガラスやワイヤー入りのガラスの場合は、さらに電波が弱くなることが予想されます。予めどの位置にBSアンテナを設置するのか、確認しておきましょう。

室内が狭くなる

BSアンテナの大きさは直径が40~50センチ程度が一般的で、電波が届く位置に設置するため、窓際に固定されることになります。この場合、室内は日当たりが悪くなったり、圧迫感が感じられることになります。

BSアンテナを室内に設置するための注意点とは?

BSアンテナを室内に設置するメリットとデメリットを把握した上で、次に室内に設置する際の注意点を紹介しましょう。

電波が届くか確認する

まずBSアンテナを室内に設置するには、電波がちゃんと届いているか確認しましょう。重要なのは方角です。BSアンテナは赤道上にある人工衛星から送られてくる電波を受信しなければなりません。そのため設置を想定している場所から南南西に向けて見通しの良い場所である必要があります。

南南西がどちらか分かりづらい場合は、午後2時前後に日光が差し込む方向と覚えておきましょう。また、BS放送用の電波は直線的です。そのため1度でも角度がずれると電波を受信することができないので、調整は慎重に行いましょう。

スペースを確保する

室内の場合、電波が届いていたとしてもBSアンテナを設置するスペースがない場合もあります。これが屋根の上やベランダなどの屋外とは違う点です。

一般的なのは窓際の内壁に固定金具を取り付けて、BSアンテナを設置する方法です。また、窓枠に設置された手すりに取り付ける方法のほか、出窓の場合もBSアンテナを設置できるスペースがある可能性があります。

このように室内にBSアンテナを設置する際は、十分な電波が届いていることと、スペースが確保できることの、どちらも満たしている必要があります。ご自身で判断がつかない場合は、お近くのアンテナ工事の専門会社に相談してください。状況に応じてアドバイスをしてくれるはずです。

まとめ

BSアンテナの取り付け場所は、八木式アンテナの下や軒下、ベランダなどが一般的ですが、室内に設置することで寿命が長くなるなどのメリットがあります。

ただし、場所の選定やスペースの確保が難しいだけではなく、アンテナの角度調整も限定されてしまいます。自分で設置するのは難しいと感じたら、お近くのアンテナ工事の専門会社にご相談ください。

弊社でも、BSアンテナが室内に設置できるかどうかの判別や、場所の選定、取り付け、確認まですべてお受けしています。ぜひご相談ください。
さくらアンテナが選ばれる理由

関連記事
室内アンテナを設置できる条件と気をつけたいポイント
BSアンテナ設置に必要なものと自分で設置する方法まとめ

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

関西2府4県 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

大阪エリア

大阪市 / 堺市 / 池田市 / 箕面市 / 豊中市 / 茨木市 / 高槻市 / 吹田市 / 摂津市 / 枚方市 / 交野市 / 寝屋川市 / 守口市 / 門真市 / 四條畷市 / 大東市 / 東大阪市 / 八尾市 / 柏原市 / 和泉市 / 高石市 / 泉大津市 / 岸和田市 / 貝塚市 / 泉佐野市 / 泉南市 / 阪南市 / 松原市 / 羽曳野市 / 藤井寺市 / 富田林市 / 大阪狭山市 / 河内長野市

兵庫エリア

神戸市 / 京都市 / 福知山市 / 舞鶴市 / 綾部市 / 宇治市 / 宮津市 / 亀岡市 / 城陽市 / 向日市 / 長岡京市 / 八幡市 / 京田辺市 / 京丹後市 / 南丹市 / 木津川市 / 明石市 / 加古川市 / 高砂市 / 西脇市 / 三木市 / 小野市 / 加西市 / 加東市 / 姫路市 / 相生市 / 赤穂市 / 宍粟市たつの市 / 豊岡市 / 養父市 / 朝来市 / 篠山市 / 丹波市 / 洲本市 / 南あわじ市淡路市

京都エリア

京都市 / 福知山市 / 舞鶴市 / 綾部市 / 宇治市 / 宮津市 / 亀岡市 / 城陽市 / 向日市 / 長岡京市 / 八幡市 / 京田辺市 / 京丹後市 / 南丹市木津川市

奈良エリア

奈良市 / 大和高田市 / 大和郡山市 / 天理市 / 橿原市 / 桜井市 / 五條市 / 御所市 / 生駒市 / 香芝市 / 葛城市 / 宇陀市

滋賀エリア

大津市草津市 / 守山市 / 栗東市 / 野洲市甲賀市 / 湖南市 / 東近江市 / 近江八幡市 / 米原市 / 長浜市 / 高島市

和歌山エリア

和歌山市 / 海南市 / 橋本市 / 有田市 / 御坊市 / 田辺市 / 新宮市 / 紀の川市 / 岩出市

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県等、関西2府4県を完全網羅しております。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。