0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

室内アンテナを設置できる条件と気をつけたいポイント

2021.05.27

アンテナ工事

テレビアンテナと言えば屋根の上に取りつけるものですが、賃貸住宅などいろいろな理由でできない場合もあります。そのときに活躍するのが室内アンテナです。

ですが、室外アンテナに比べて性能が劣ると言われる室内アンテナはどの部屋にも設置できるとは限りません。

そこでどのような条件なら室内アンテナが設置できるのかを解説いたします。室内アンテナを設置する際の注意点も合わせて紹介します。

価格が安く、工事が不要などメリットが豊富な室内アンテナ

性能が劣ると言われる室内アンテナですが、もちろんメリットもあります。まずはそのメリットから見ていきましょう。

設置工事が不要

室内アンテナを設置する理由として一番に考えられるのが、工事がいらないということではないでしょうか。アンテナ端子がついていない場合でも、室内アンテナがあればテレビを観ることができます。

付属のケーブルをテレビにつなぐだけなので、5分もあれば設置できるでしょう。もちろん工事費用もかかりません。

価格が安い

室内アンテナの価格帯を見ると安いものは1,000円台からあります。性能がよく価格の高いものでも5,000~6,000円程度です。八木式アンテナの場合は工事費用も含めると1万5,000円~、平面アンテナは3万円~が相場ですので、室内アンテナには価格を抑えられるメリットもあります。

故障などのリスクが少ない

室外に設置するアンテナに比べて、室内アンテナは天候の影響を受けません。例えば、強風や積雪などによって破損することも室内アンテナではありません。

また室内にあるので劣化しにくく、メンテナンスも最低限で大丈夫です。

強い電波が届いていることが室内アンテナが設置できる第一の条件

メリットが豊富な室内アンテナですが、電波をしっかりキャッチできなければそのメリットも意味がありません。そこで室内アンテナを設置するにはどのような条件が必要になるのか、解説いたします。

電波塔が近距離に

室内アンテナがテレビ電波を受信するにはかなり強い電波が届いている必要があります。なぜなら電波は部屋の中に届きづらいからです。
ですから、電波塔からなるべく近くにあることがベストです。

特に断熱材を使用している部屋や遮熱シートを外壁に貼っている建物、鉄筋コンクリートの建物では室内には電波は届きづらくなります。

これらを踏まえると、電波塔から近くで、断熱材を使用してない木造の住宅がベターということになります。

窓側に設置できること

室内アンテナが最も威力を発揮するのは窓側に置いた場合です。建物がコンクリート造でも、窓からテレビ電波をキャッチすることができるからです。

中でもベストなのは、テレビ電波を発信している電波塔が窓から見えているケースです。この場合は強い電波が受信できる可能性があります。
ただし、防犯用として網が入っているようなガラスは電波が遮断されることがあるのも覚えておきましょう。

また、窓の近くに置いた室内アンテナで電波をキャッチしても、ケーブルが長くなるとテレビに届くまでに電波が弱くなることがあります。そのため室内アンテナの近くに、テレビが置けるレイアウトがいいでしょう。

取り付けた後も室内レイアウトなどに気をつけて

室内アンテナでテレビ電波をキャッチできても、電波は繊細なため普段の生活における注意点もあります。下記にまとめましたので、確認してください。

電子レンジや掃除機がノイズの原因に

室内ではテレビ電波が弱くなりやすいため、状況が少し変わっただけでテレビの映りに影響が出てしまいます。特に、室内でテレビ電波に影響を与えるのは電子レンジや掃除機などです。

電子レンジを使用する際にテレビにノイズが入るのはよくあることです。可能であれば、電子レンジとテレビ、室内アンテナは遠くに置くようにしましょう。

また室内にものが多いと、テレビ電波に影響が出ることがあります。特に窓側にものがたくさんあると電波を受信するのに障害になりやすいので注意が必要です。できるだけ室内をスッキリさせましょう。

模様替えで悪影響も

室内アンテナでテレビの電波を受信している場合、その環境の変化で電波の受信状況も変化するものです。ですから電波の受信状況に問題のない場合は、部屋の模様替えを極力しないことがおすすめです。

もちろん電波の受信状況が反対によくなる場合もあります。ただし悪くなってしまった場合に、元に戻すのは難しいことも覚えておいてください。

選ぶ際は性能の高いものを

これまで見てきたように室内アンテナは周辺の状況を受けやすいため、性能が高いものを選ぶようにしましょう。

そこで性能の高さをどこで見極めるかですが、必ず見て欲しいのが動作利得です。電波の強い地域であれば5db程度のものでも構いませんが、電波が弱い地域では10db以上の製品がベターです。このように必ず電波状況に合わせた動作利得の製品を選ぶようにしましょう。

また受信した電波を増幅するブースターが内蔵されている室内アンテナも数多くありますが、「ブースターが内蔵しているから大丈夫」と考えるのは安易です。
元々受信できる電波が小さければ映りが劇的によくなる訳ではありませんし、ノイズがあれば、同じように増幅してしまうからです。

室内アンテナについて不安がある場合は、お近くのアンテナ工事の専門会社に相談してみてください。

まとめ

室内アンテナを設置するには、まずは電波がしっかり届いていることを確認してください。せっかく性能が良いものを購入しても、電波が届いていなければ意味がありません。

また、部屋の中にものを多く置かない、模様替えはなるべくしない、など気をつけるポイントも紹介しました。室内アンテナは性能があまり高くありませんから、こうした点もしっかり気をつけることで快適なテレビライフを楽しんでください。

今回は、室内アンテナを設置できる条件と気をつけたいポイントについてご紹介しましたが、さくらアンテナでは、手厚いアフターフォローが充実しております。アンテナ設置を検討中のお客様はお気軽にご相談ください。

 

関連記事
テレビアンテナの設置場所はどこがいい? アンテナの種類別に解説!

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

関西2府4県 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

大阪エリア

大阪市 / 堺市 / 池田市 / 箕面市 / 豊中市 / 茨木市 / 高槻市 / 吹田市 / 摂津市 / 枚方市 / 交野市 / 寝屋川市 / 守口市 / 門真市 / 四條畷市 / 大東市 / 東大阪市 / 八尾市 / 柏原市 / 和泉市 / 高石市 / 泉大津市 / 岸和田市 / 貝塚市 / 泉佐野市 / 泉南市 / 阪南市 / 松原市 / 羽曳野市 / 藤井寺市 / 富田林市 / 大阪狭山市 / 河内長野市

兵庫エリア

神戸市 / 京都市 / 福知山市 / 舞鶴市 / 綾部市 / 宇治市 / 宮津市 / 亀岡市 / 城陽市 / 向日市 / 長岡京市 / 八幡市 / 京田辺市 / 京丹後市 / 南丹市 / 木津川市 / 明石市 / 加古川市 / 高砂市 / 西脇市 / 三木市 / 小野市 / 加西市 / 加東市 / 姫路市 / 相生市 / 赤穂市 / 宍粟市たつの市 / 豊岡市 / 養父市 / 朝来市 / 篠山市 / 丹波市 / 洲本市 / 南あわじ市淡路市

京都エリア

京都市 / 福知山市 / 舞鶴市 / 綾部市 / 宇治市 / 宮津市 / 亀岡市 / 城陽市 / 向日市 / 長岡京市 / 八幡市 / 京田辺市 / 京丹後市 / 南丹市木津川市

奈良エリア

奈良市 / 大和高田市 / 大和郡山市 / 天理市 / 橿原市 / 桜井市 / 五條市 / 御所市 / 生駒市 / 香芝市 / 葛城市 / 宇陀市

滋賀エリア

大津市草津市 / 守山市 / 栗東市 / 野洲市甲賀市 / 湖南市 / 東近江市 / 近江八幡市 / 米原市 / 長浜市 / 高島市

和歌山エリア

和歌山市 / 海南市 / 橋本市 / 有田市 / 御坊市 / 田辺市 / 新宮市 / 紀の川市 / 岩出市

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県等、関西2府4県を完全網羅しております。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。