0120-09-2424

privacy コラム

テレビアンテナの設置場所はどこがいい? アンテナの種類別に解説!

2020.09.23

アンテナ工事

テレビを観るのに欠かせないテレビアンテナですが、種類がひとつだけではないことをご存じでしょうか。また、その種類によって最適な設置場所が異なることもあまり知られていません。

 

そのため、これからテレビアンテナを設置しようとお考えの方は、テレビアンテナの種類についてしっかり知っておく必要があります。そこで、今回の記事ではテレビアンテナの種類とその最適な設置場所について解説しましょう。

 

スタンダードな八木式アンテナなどテレビアンテナは主に4種類

まずは簡単にテレビアンテナの種類を解説しましょう。現在、主に使用されているテレビアンテナは次の4つです。

 

①UHFアンテナ(八木式アンテナ)

地上デジタル放送を視るために必要なのがこのUHFアンテナです。テレビアンテナのうち、もっともスタンダードと言っていいでしょう。屋根の上を見ると、魚の骨のような形をしたアンテナを見ることが多いと思いますが、それがこのUHFアンテナです。この形状のテレビアンテナは八木式アンテナと言われ、アナログテレビ時代から広く浸透しています。

 

②BS/CSアンテナ

BS/CSアンテナは、お椀のような形が特徴的なテレビアンテナです。名前のとおりBS・CS放送を視るためのアンテナで、1台でその両方を視ることができます。パラボラアンテナとも言われています。

 

③4K8K対応アンテナ

4K8K放送を楽しむために必要なのが、4K8K対応アンテナです。BS/CSアンテナと同じようにお椀型をしているので、区別するため「4K8K」と表示しているメーカーもあります。

 

④デザインアンテナ

デザインアンテナとは地上デジタル放送用のUHFアンテナで、八木式とは違い、ボックス型などシンプルな形状になっています。フラットアンテナや壁面アンテナ、平面アンテナとも言われ、景観を壊さないという理由などで人気があります。外壁に合わせられるよう、形状やカラーなどのバリエーションも多彩です。

 

種類別!テレビアンテナの設置方法について解説!

テレビアンテナは電波を受信するためのものですから、設置場所として考えられるのは屋根の上、ベランダ、外壁、屋根裏などです。ここでは種類別にどこに設置するのがふさわしいのか、解説していきます。

 

UHFアンテナは屋根の上が一般的だが、状況によっては壁面などでも

UHFアンテナとして広く浸透している八木式アンテナは、大正時代に開発されたアンテナです。日本で普及したのは戦後ですが、世界では100年近く前の開発当時から電波受信機として使われていました。それは、受信性能が極めて高いからです。

 

受信性能が高いため、設置場所も選ばないのが特徴です。ベストなのは遮るものが少ない屋根の上ですが、屋根裏や壁面などでも電波の状況がよければ設置することができます。

 

BS/CSアンテナがどれも同じ方向を向いているのはなぜ?

BS/CSアンテナの設置場所はどこでも構いません。ただし、南西に向けられる場所であることが必須です。BS・CS放送を視るには人工衛星から送られる電波を受信する必要がありますが、その人工衛星が東経110°の上空に浮かんでいるからです。マンションなどのベランダにあるBS/CSアンテナが、どれも同じ方向を向いているのはそのためなのです。

 

もちろん方向が合っていても、ビルや隣家などの障害物があると電波の受信状態は悪くなります。ですから南西側に建物や樹木といった障害物がないような場所に設置します。

 

4K8K対応アンテナを設置すればBS・CS放送も視られる?

4K8K放送は、BS・CS放送と同様に人工衛星から送られてくる電波を受信することで観ることができます。そのために必要になるのが4K8K対応アンテナです。BS/CSアンテナと同様に、南西に向けて開けた場所に設置しなければなりません。

 

さて、ここでひとつ疑問に思った方がいるかも知れません。それは「BS/CSアンテナと4K8K対応アンテナの両方とも必要なの?」ということです。

 

実はBS・CS放送の電波は右回りの右旋円偏波で届けられているため、BS/CSアンテナでは右旋円偏波の電波しか受信できないようになっています。しかし、4K8K放送では、左回りの左旋円偏波でも電波が送られてきます。そのため、4K8K対応アンテナは右旋円偏波と左旋円偏波のどちらも受信できるようになっているのです。

 

つまり4K8K対応アンテナは従来のBS・CS放送も視られるので、BS/CSアンテナは必要なくなります。既存のBS/CSアンテナから4K8K対応アンテナに交換する場合は、助成金が利用できるケースもありますので、詳しくは担当者にお尋ねください。

 

デザインアンテナは外壁が主流。屋内なら劣化しにくいメリットも

デザインアンテナは外壁に設置するのが一般的です。ただし受信感度が弱いというデメリットがあります。そのため外壁のどの部分につけられるかは電波の受信状態によって変わってきますが、高い位置に設置するのが安心です。

 

十分な電波を受信できれば屋根裏に設置する方法もあります。目立たない上に、雨や風、日光などにさらされないため、劣化しにくいというメリットもあります。

 

まとめ

テレビアンテナはご自身で設置することも可能です。しかし、工事には危険が伴う上、設置場所はもちろん、微妙な角度調整や分配器との接続など専門知識や経験が必要になります。快適なテレビライフのためにも、ぜひテレビアンテナ設置業者に相談することをおすすめいたします。

 

さくらアンテナでは、ご紹介いたしましたテレビアンテナの設置すべて対応可能です。各アンテナの設置費用につきましては、下記の料金詳細ページからご覧いただけます。

 

アンテナ設置の料金の詳細はこちら

 

アンテナ設置業者をお探しでしたら、ぜひさくらアンテナにお問い合わせ下さい。設置場所や電波調査を確認し、最適な位置に設置いたします。

 

お問い合わせはこちら

最新記事

関西2府4県 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

大阪エリア

大阪市 堺市 池田市 箕面市 豊中市 茨木市 高槻市 吹田市 摂津市 枚方市 交野市 寝屋川市 守口市 門真市 四條畷市 大東市 東大阪市 八尾市 柏原市 和泉市 高石市 泉大津市 岸和田市 貝塚市 泉佐野市 泉南市 阪南市 松原市 羽曳野市 藤井寺市 富田林市 大阪狭山市 河内長野市

兵庫エリア

神戸市 京都市 福知山市 舞鶴市 綾部市 宇治市 宮津市 亀岡市 城陽市 向日市 長岡京市 八幡市 京田辺市 京丹後市 南丹市 木津川市 明石市 加古川市 高砂市 西脇市 三木市 小野市 加西市 加東市 姫路市 相生市 赤穂市 宍粟市たつの市 豊岡市 養父市 朝来市 篠山市 丹波市 洲本市 南あわじ市淡路市

京都エリア

京都市 福知山市 舞鶴市 綾部市 宇治市 宮津市 亀岡市 城陽市 向日市 長岡京市 八幡市 京田辺市 京丹後市 南丹市木津川市

奈良エリア

奈良市 大和高田市 大和郡山市 天理市 橿原市 桜井市 五條市 御所市 生駒市 香芝市 葛城市 宇陀市

滋賀エリア

大津市草津市 守山市 栗東市 野洲市甲賀市 湖南市 東近江市 近江八幡市 米原市 長浜市 高島市

和歌山エリア

和歌山市 海南市 橋本市 有田市 御坊市 田辺市 新宮市 紀の川市 岩出市

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県等、関西2府4県を完全網羅しております。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。