アンテナ工事に必要になるブースターって何のこと?絶対つけないといけないの? | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

アンテナ工事に必要になるブースターって何のこと?絶対つけないといけないの?

2020.11.06

アンテナ工事

アンテナ工事の際に見積もりに含まれることもあるブースターですが、馴染みのない方がほとんどでしょう。「テレビの映りがよくなると聞いたけど、本当に必要?」という方もいます。

そこで、アンテナ工事の際に必要になるブースターについて解説しましょう。

ブースターは信号を強くする機器。観たいチャンネルによってブースターも違う!

テレビアンテナに使われるブースターは、アンテナが受信した電波を増幅する機器です。では、なぜこのような役割のブースターが必要になるのでしょうか?
それは、アンテナで受信した信号は、テレビに届くまでにいろいろな原因で弱くなってしまうからです。

例えばケーブルを通っているときにも、信号は弱くなってしまうのです。弱くなった信号がテレビに届いたときに受信可能レベルよりも低下していれば、映像にノズルが入って乱れたり、映像が映らなくなったり、不安定になります。

そのため、信号を強くし、テレビにしっかり届けるためにブースターが必要になるのです。

テレビのチャンネルは、地上デジタル放送と、BS/CS放送、さらに4K8K放送がありますが、ブースターもそれぞれに対応している必要があります。もちろん地デジ専用、BS/CS専用という機器もあれば、すべての放送に対応しているブースターもあります。どのブースターが必要になるかは、観ているチャンネルで違ってくるので、どの放送の信号を強くしたいのかをまず確認しましょう。

ブースターが必要になるのはどんな場合?

テレビの映りが不安定なときに、ブースターは役立ちますが、ではどのようなときに映りが不安定になるのでしょうか。実はいくつかのパターンがあります。次から見ていきましょう。

①複数のテレビがある

ブースターが必要になる一番多いケースはこれではないでしょうか。それぞれの部屋にテレビがあるため、電波が弱まってしまうのです。

一つのアンテナで受信した信号を複数のテレビで見る場合、分配器という機器で電波を分けることになります。分配すると、その分信号は弱まってしまうため、それぞれのテレビで映りが悪くなってしまうのです。

届いている元の電波の強さにもよりますが、一般的には3台以上のテレビを使う場合はブースターを利用した方がいいとされています。

②アンテナとの距離が遠い

受信した電波はケーブルを通ってテレビに届きますが、この距離が長いと信号が弱くなります。例えば、部屋の模様替えをして、テレビの位置を変えたら映りが悪くなった、ということもあります。これはアンテナからテレビまでの距離が長くなったからだと考えられます。

難しいのは「テレビとアンテナの距離が何メートルまで」といったような基準がないことです。そのため、壁についているアンテナ端子からあまり遠くない位置でテレビを設置するのがベストです。それでも映りが不安定なときは、ブースターが必要になります。

③そもそも届いている電波が弱いとき

地上デジタル放送の場合は送電塔から電波が送られてきますが、その距離や地形などによって強い電波が届く地域と弱い電波しか届かない地域があります。

強い順から強電界地域→中電界地域→弱電界地域と言われ、一般的に中電界や弱電界地域ではノイズが多く、テレビの映りが常に不安定とされます。

ただし、こうした電波の弱い地域でもブースターがあれば、ちゃんとテレビを観ることはできるのです。

ゲインや雑音指数って?ブースター選びの基礎知識

ブースターを設置する際に、ご自分で選ぶという方も、専門業者に任せるという方も、どちらも覚えておいて欲しい用語があります。テレビの映りに大きく関わることなので、次の3つをぜひ覚えておいてください。

  • ゲイン…利得とも言われ、ブースターがどれくらい電波を増幅できるかを表す指標です。dB(デジベル)で表記され、大きい方が増幅できるのでおすすめです。
  • 雑音指数…NFと表され、受信した電波がどれくらいノイズの影響を受けているのかを表しています。数値が低いほど、影響は受けないということです。
  • 定格出力…信号を出力するレベルのことです。dBμVで表されますが、大きい数値のものがベターです。信号が出力範囲を超えてしまうと、テレビが映らなくなってしまうからです。
  • この他にブースターを選ぶ際には、屋内用か屋外用を選ぶことになります。

  • 屋外用…アンテナに近い場所につけられるので増幅効果が高い。ノイズも軽減できます。
  • 屋内用…アンテナから遠い場所につけるので増幅効果が低い。寿命が長くなることが期待できます。

ブースターにはいろいろな種類があり、さらにそれぞれにメリットとデメリットがあります。住宅やテレビの視聴環境に合ったブースターを選ぶようにしましょう。

ブースター選びにお困りであれば、さくらアンテナにご相談下さい。ご家庭のアンテナに適したブースターをご提案いたします。
また、ブースター交換も対応しておりますので、お問い合わせ下さいましたら、すぐに現地へ駆けつけます。
さくらアンテナのブースター設置・交換料金についてはこちらをご覧ください

まとめ

せっかくテレビを観るのなら、クリアな映像で見たいですよね。ときどき映りが悪くなると、「いい場面だったのに」とイライラしてしまうこともあります。
そんなときに役立ってくれるのがブースターです。

ご自身でどれを選んでいいか分からないときは、ぜひさくらアンテナにお任せください。アンテナ設置・工事に関するお悩みを全て解決いたします。

関連記事
テレビが映らない原因と対処法!困ったときはアンテナ工事をしよう
失敗しないアンテナ工事業者の選び方とは? 悪徳業者に騙されない選定方法もご紹介!

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。