三連はしごとは?テレビアンテナの工事における使用方法を紹介 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

三連はしごとは?テレビアンテナの工事における使用方法を紹介

2022.04.05

アンテナ工事

テレビアンテナの工事に使う三連はしご

テレビアンテナの工事では、ドライバーやペンチなどの工具が必要ですが、忘れてはいけないのが屋根に登るためのはしごです。近年は狭小地や変形地に建てられた住宅も増えており、中でも活躍しているのが三連はしごです。

テレビアンテナの向きを調整したい、といった際にもすぐに使うことができるため、備えている家庭も増えているようです。そこで今回のコラムでは、三連はしごについて掘り下げてみましょう。

テレビアンテナの設置工事以外にも活躍する三連はしご

テレビアンテナは屋上に設置されているのが一般的です。それは空中を飛んでいる電波をキャッチするため、できるだけ高い位置に取り付けたいからです。

普段、生活していると屋根に登る機会は多くありませんが、アンテナに関しては取り付け工事だけではなく、向きを調整したり、清掃などのメンテナンスを行うこともあります。そこで活躍するのがはしごです。

現在、家庭用で主流となっているのは、スライド式になっていて伸ばして使うタイプです。主に二つのはしごが連結している二連はしごが多くを占めますが、よりコンパクトに収納できるのが三連はしごです。3つのはしごが連結しているため、収納するとサイズはよりコンパクトになります。そのため、近年多い狭小地や変形した土地に建てられた住宅でも利用しやすいのです。

三連はしごは長さが12メートル程度で3階建ての住宅も使用可能

三連はしごの構造は、「三連」という名称通り、3つのはしごによる3連式構造になっています。収納した状態から3段階にはしごをスライドさせて使用するようになっています。

使用時の長さは製品によって異なりますが、概ね6〜12メートルとなっています。1階の高さを約3メートルとすると、2階から4階の屋根に用いることができることになりますので、ほとんどの住宅で使用できると考えていいでしょう。

材質は、主にアルミを使用している製品が多く、雨に濡れてもサビの発生を抑えられることが考えられます。より強度を求める場合は、チタン製や銅製の三連はしごを探してみるといいでしょう。

はしごを使う際は厚労省の注意事項を確認して

はしごは高いところに移動するために使用するもので、転落事故が発生する可能性もあります。実は、墜落・転落災害で最も多いのが「はしご等」です。

「労働者死傷病報告」で報告されている「墜落・転落による休業4日以上の被災労働者数」(平成23年〜平成27年の5年平均)では、「はしご等」が4,535人(約23%)で、4,471人の「トラック」、2,910人の「階段、桟橋」などを抑えて1位になっています。また毎年30人弱の労働者が、「はしご等」からの墜落・転落によって亡くなっていることが報告されています。

典型的な災害発生原因としては、「はしごの上でバランスを崩す」「はしごが転位する」「はしごの昇降時に手足が滑る」の3つです。厚生労働省労働局労働基準監督署では、それぞれの対策法を紹介しています。

・はしごの上でバランスを崩す…はしごでの作業を選択する前に、より安全な代替策を検討する
・はしごが転位する…はしごの上端または下端をしっかり固定する。また滑り止め箇所の点検を怠らない
・はしごの昇降時に手足が滑る…踏み面に滑り止めシールを貼る。耐滑性の高い靴(と手袋)を使用する

これらを正しく守って、安全にはしごを使用するようにしましょう。また、はしごを購入する際は、「労働安全衛生規則」で定められている事項を確認しましょう。

下記がはしごに関して、労働安全衛生規則で定められている事項です。

移動はしご(安衛則第527条)

  1. 丈夫な構造
  2. 材料は著しい損傷、腐食等がない
  3. 幅は30cm以上
  4. すべり止め措置の取付そのほか転位を防止するための必要な措置

これらを確認して購入するようにしましょう。

また、厚生労働省都道府県労働局労働基準監督署では、下記のようなチェックリストを紹介し、はしごを使用する際には注意するように呼びかけています。

  • はしごの上部・下部の固定状況を確認している
  • (はしごをボルトで取り付けている場合)ボルトが緩んだり腐食したりしていない
  • はしごの上端を、上端床から60cm以上突出している
  • はしごの立て掛け角度は、75度程度となっている
  • はしごの踏みさんに、明らかな痛みはない
  • はしごの足元に、滑り止め(転位防止措置)がある
  • 靴は脱げにくく、滑りにくい
  • ヘルメットを着用し、あごひもを締めている

もちろん、安全性が確保できない場合は、使用を控える判断も必要です。中でもテレビアンテナ工事に関わることであれば、近隣のアンテナ工事の専門会社に相談してください。適切な対応をしてくれるはずです。

まとめ

今回のコラムでは、テレビアンテナの工事でも用いられる三連はしごについて紹介しました。ご自身で使用する場合は、注意点を正しく守り、事故のないようにしましょう。事故を防止するための注意事項なども紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。

またテレビアンテナ工事に関して、はしごの使用に不安がある場合は、弊社をはじめとするアンテナ工事の専門会社にお問い合わせください。

さくらアンテナへのお問い合わせはこちらから

関連記事
お得にアンテナ工事業者を見つける方法
アンテナレベルとは?テレビの映りが悪いときの対処法

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。