テレビが映らない!エラーコード一覧とそれぞれの対処法を解説! | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

テレビが映らない!エラーコード一覧とそれぞれの対処法を解説!

2021.09.01

アンテナのトラブル

テレビが映らないときに表示されるエラーコードは、実はひとつではないことはご存知ですか?突然テレビが映らなくなると慌ててしまうこともありますが、このエラーコードを確認することでその原因や対処法もある程度分かります。

そこで今回は、よく表示されるエラーコード一覧とそれぞれの対処法について解説していきます。

表示されるエラーコードで受信レベルやカードの不具合などが分かる

テレビのメーカーによって若干の違いはありますが、テレビが映らないときに表示されるエラーコードを一覧にしました。原因と合わせて確認してください。

エラーコード 原因
E100
E101
E102
B-CAS(C-CAS)カードが正しく挿入されていないなどで、問題が起きています。
E103
E200
契約していないチャンネルや、放送されていないチャンネルを選んでいる状態です。
E201
E202
電波の受信レベルが低下しています。アンテナや接続箇所などでトラブルが起きている可能性があります。
E203
E204
E205
放送を休止しているチャンネルを選んでいる状態です。
E209 ケーブルに不具合が起きています。

次からそれぞれのエラーコードが表示されたときの対処法を見ていきましょう。

アンテナ関連でよく表示されるエラーコードは「E201」や「E202」

前の項目で紹介したエラーコードの中で、アンテナ関係で最も表示されやすいのが「E201」や「E202」です。このエラーコードが表示された場合は、アンテナの受信レベルが低くなっていることが原因です。

原因として考えられるのは、いくつかあります。

・強風にあおられてアンテナの向きが変わった
・大雨や大雪の影響で電波障害が起きている
・何らかの原因でアンテナが故障した
・アンテナの経年劣化により不具合が起きている
・テレビやブルーレイレコーダーに不具合が起きている など

このような状態の場合、アンテナレベルがどれくらいか、まずは確認しましょう。その方法は、テレビのリモコンで次のように操作していきます。

①「ホーム」か「設定」ボタンを押す
②「アンテナ設定」を選ぶ
③アンテナの受信レベルが表示される

メーカーによってアンテナの受信レベルの目安は異なりますが、「20以上」あるいは「40以上」などとなっていることがほとんどです。数値が低い場合、あるいは高すぎる場合はアンテナかチューナーなどの受信機器に問題があります。

この場合、自分で直せる方法はチャンネルの設定をし直すことです。以下の方法を試してみましょう。

①「ホーム」か「設定」ボタンを押す
②「アンテナ設定」を選ぶ
③「チャンネルを設定する」を選ぶ

また、テレビやブルーレイレコーダーの不具合が原因の場合もあります。このケースが疑われる場合は、一度再起動をしてみましょう。通常は、コンセントを抜いて10秒ほど待って再びつなぎ、電源を入れ直します。これでアンテナ設定もリセットされ、不具合が解消されることもあります。

これらを試しても改善しない場合は、アンテナの向きが変わっていたり、故障や劣化が考えられますので、お近くのアンテナ工事の専門会社にご相談ください。

そのほかのエラーコードが表示されている場合の対処法

次に紹介するのは「E201」や「E202」以外のエラーコードが表示されたときの対処法です。

まず「E100」「E101」「E102」はB-CASカードもしくはC-CASカードに問題があるときです。この場合、まずはカードを入れ直してみましょう。目に見えない汚れが付着していることが原因かも知れませんので、乾いたタオルなどでカードを一度拭くのがおすすめです。

また、「E103」「E200」「E203」「E204」「E205」は見られない放送を見ようとしていることが原因です。例えば、「E103」の場合は契約してないチャンネルに合わせているはずですので、チャンネルを確認しましょう。
見たい放送が見られない場合は、契約が必要になることもありますので確認が必要です。

最後に「E209」は、ケーブルに不具合がある場合に表示されるエラーコードです。対処法としてはケーブルを一度差し直していきます。室内の場合はテレビやブルーレイレコーダーなどのアンテナ端子からケーブルを外して改めて差し入れます。

また室内のコンセントボックスにあるアンテナ端子に差し込まれているケーブルも差し直します。

これでも状態が変わらなければ、屋外のケーブルに不具合がある場合と、ケーブルの劣化が考えられます。その場合の原因の特定は難しいので、アンテナ工事の専門会社に問い合わせてください。

まとめ

テレビが突然真っ暗になると驚きますが、まずは落ち着いてアンテナの受信レベルの状態を確認しましょう。今回紹介したようなご自身でできる対処法を試してもエラーコードが表示される場合は、さくらアンテナにご相談ください。

さくらアンテナが選ばれる理由

関連記事
テレビが映らないのはアンテナのせい?確認方法と対処法を解説
テレビが映らない原因と対処法!困ったときはアンテナ工事をしよう

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。