テレビを観てたら突然「E203」のエラーメッセージ。対処方法の解説 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

テレビを観てたら突然「E203」のエラーメッセージ。対処方法の解説

2022.01.03

アンテナのトラブル

電波の受信状況が悪くなるなどで、テレビが観られないときに表示されるエラーメッセージにはいくつか種類があります。そのうち「E203」は「チャンネルが休止している」ということを示しています。

この「E203」が表示されたときにどのように対処するといいのか、今回のコラムで解説していきます。

「E102」や「E200」など原因によって異なるテレビのエラーメッセージ

テレビのメーカーによって異なることもありますが、エラーメッセージにはその原因によっていくつか種類があります。普段、テレビを観ていて表示されることが多いのが下記のエラーメッセージです。

■B-CAS(C-CAS)カードに問題があるエラーメッセージ
「E100」
「E101」
「E102」

■契約していないチャンネルや放送されていないチャンネルを選んでいる際のエラーメッセージ
「E103」
「E200」

■アンテナや接続箇所などでトラブルが起きて電波の受信レベルが低下している際のエラーメッセージ
「E201」
「E202」

■放送を休止しているチャンネルを選んでいる際に表示されるエラーメッセージ
「E203」
「E204」
「E205」

■ケーブルに不具合が起きている際のエラーメッセージ
「E209」

この中で電波受信の状態などによって表示されるのが「E201」や「E202」です。トラブルの原因を探る上でエラーメッセージを確認することは重要ですので、この表示されたエラーメッセージの理由を覚えておきましょう。

突然「E203」が表示されてテレビ画面が真っ暗になることも

前項で紹介したエラーメッセージのうち、あまり多くありませんが稀に表示されるのが「E203」です。「E203」は放送を休止しているチャンネルを選んでいるときに表示されるエラーメッセージです。ですから通常、テレビを観ているときに表示されることはありません。

しかし突然、この「E203」が表示されて、テレビ画面が真っ暗になることもあります。それは地上デジタル放送よりも、ケーブルテレビやインターネットテレビ、CS放送などを視聴しているときの方が可能性があります。

休止しているチャンネルを選んでしまう可能性が高いのは、リモコンの操作を間違えたときです。ケーブルテレビやインターネットテレビ、CS放送などでは、チャンネルがたくさんあるため、放送していないチャンネルに合わせてしまいやすいのです。

またケーブルテレビやインターネットテレビ、CS放送などでは、放送を休止してメンテナンスを行うことがあります。そのため「このチャンネルはメンテナンスのために、◯時から◯時まで放送を休止します」といったメッセージを見逃して、チャンネルをそのままにしている場合などに「E203」が表示されて画面が真っ暗になることもあるのです。

突然「E203」が表示されたときは他のチャンネルも確認を

テレビ画面に突然「E203」が表示された時は、前項でも紹介しましたが合わせているチャンネルが放送休止状態になったためです。放送されている他のチャンネルに変えると、電波状況にトラブルがなければ問題なく他のチャンネルが視聴できるはずです。

ただし他のチャンネルでも画面が真っ暗になっている時は、何らかのトラブルが発生していることになります。その場合、下記の方法を試してみましょう。

  1. テレビの電源を確認する
  2. ケーブルの接続を確認する
  3. B-CASカードやC-CASカードを確認する
  4. アンテナやブースターを確認する

ケーブルテレビの場合は事業者で停電などのトラブルに遭っていることも考えられます。すぐにホームページなどで障害情報あるいはメンテナンス情報が出ていないか、確認しましょう。考えられるのは、下記のようなトラブルが起きていることです。

・停電が発生している…ご自身が住んでいるエリアで停電が起きていなくても、事業者のある地域で停電が起きている場合は放送が観られない可能性があります。

・設備のメンテナンスが行われている…事業者によっては月に1〜2回ほど機器のメンテナンスを行うため、それに合わせて放送を休止しています。

・障害が起きている…各家庭に設置されたアンテナで電波を受信する地上デジタル放送などとは異なり、ケーブルテレビは事業者が受信した電波を伝送路で届ける仕組みです。事業者から各家庭までは複数のシステムで構成されているため、落雷、故障、火事、事故などでどこかに障害が発生すると電波が届かなくなります。

これらの原因を確認するには事業者のホームページを見ることですが、急いでいる場合は電話で問い合わせてみるのもいいでしょう。

まとめ

テレビ画面が突然真っ暗になって、エラーメッセージが表示されるとびっくりする人が多いようですが、特に「E203」の場合は大ごとではありません。単純に休止されているチャンネルに間違えて合わせてしまったことがほとんどの原因です。

ただし、いつもなら放送されている時間帯に「E203」が表示されることもあります。この場合は、メンテナンスの可能性がありますので、事業者のホームページなどで確認するようにしましょう。

また弊社でもテレビのエラーメッセージから電波状況を確認して、メンテナンスを行っております。テレビの電波状態が気になる方、トラブルを未然に防ぎたい方はぜひご相談ください。
さくらアンテナのアフターフォロー体制

関連記事
テレビが映らない!エラーコード一覧とそれぞれの対処法を解説!
テレビが突然が映らない!「E202」のエラーメッセージの対処法とは?

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。