テレビアンテナの選び方とおすすめの設置方法を紹介 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

テレビアンテナの選び方とおすすめの設置方法を紹介

2021.05.15

アンテナ工事

地上デジタル放送を視聴するにはUHFアンテナが欠かせませんが、代表的な八木式アンテナのほか、平面アンテナ、室内アンテナといったタイプにも最近は性能の良い製品が増えています。そのため、新規の設置や交換の時期に「どれを選んでいいの?」と迷う方も増えているようです。

ご自宅に最適なテレビアンテナを選ぶには、いくつか確認しないといけないことがあります。
そこで今回の記事では、テレビアンテナの選び方を紹介していきます。

どれくらいの強さの電波が届いているかで選ぶアンテナも違う

テレビアンテナを選ぶ際には、どのくらいの強さの電波が自宅に届いているかを知っておく必要があります。それは、電波の強さによって選ぶアンテナが違ってくるからです。

テレビ電波が届く強さによって、地域を「強電界」「中電界」「弱電界」の3つに分けるのが一般的です。ただしこれはあくまでも目安で、基準のようなものはありません。
もしご自宅にどれくらいの電波が届いているのか知りたい場合は、レベルチェッカーという専用の機器で計測することをおすすめします。

簡易的なものでよければ、携帯電話のワンセグテレビを視聴できるかどうか、試してみるのでもいいでしょう。あくまでも目安ですが、下記のようなことが分かります。

  • 家のどこでもワンセグテレビが視聴できた→強電界地域
  • 限られた場所でワンセグテレビが視聴できた→中電界地域
  • 家のどこでもワンセグテレビは視聴できなかった→弱電界地域

UHFアンテナは素子という部品で電波を受信しますが、それぞれの地域によって適している本数が下記のようになっています。

  • 強電界地域…4~8素子
  • 中電界地域…14~20素子
  • 弱電界地域…20~26素子

上記を目安にして、ご自宅に最適な素子数をまずは確認しておきましょう。

屋内か屋外かによっても設置できるアンテナは違う

次に確認したいのは「アンテナをどこにつけたいか」です。選択肢は屋外か屋内かの2つですが、アンテナの設置場所にルールはありません。ただし条件によって設置できない場合がありますので確認が必要です。

屋外には八木式と平面のどちらかの設置が可能

テレビを視聴するには、電波塔から飛んでくる電波をアンテナでキャッチできなければなりません。そのためアンテナの設置場所として最適なのが屋外で、しかも屋根の上など高いところです。

ですから、屋外に取り付ける場合は、八木式アンテナと平面アンテナのどちらかから選ぶことになります。それぞれの特徴を見てみましょう。

八木式アンテナ 性能が高く、屋根の上のほとんどの場所に設置できる。
平面アンテナ 取り付ける場所は外壁か軒下だが、屋根の上に取り付けることも可能。

どちらも屋外に取り付けることはできますが、届く電波が弱い場合、平面アンテナは設置できないこともあります。

屋内に取り付ける場合は条件が合えば3タイプとも可能

次はアンテナを屋内に設置する場合です。
現在UHFアンテナとして市販されている3つのタイプのどれでも取り付けることができます。ただしそれぞれに条件があるので、確認してください。

屋内に設置する際の条件 他の2つのアンテナとの比較
八木式アンテナ 電波がしっかりキャッチでき、さらにスペースが十分にある屋根裏部屋などに設置できる。 3つの中で性能が最も高い。

価格は室内アンテナより高く、平面アンテナより安い。

平面アンテナ テレビ視聴に耐えられる強さの電波をキャッチできれば設置できる。 性能は、八木式アンテナに比べて劣るが、室内アンテナよりもいい。価格は3つの中で最も高い。
室内アンテナ テレビ視聴に耐えられる強さの電波をキャッチできれば設置できる。 3つの中で価格は一番安いが、性能は一番劣る。

屋内に設置するにはどれも一長一短があります。妥協できる点、優先したい点などは個々で違いますので、ご自身で判断するようにしましょう。

アンテナを設置するなら専門会社に依頼する方法がベター

テレビアンテナはご自分で設置したいという方も多いですが、重いアンテナを持って屋根の上に登るため危険が伴います。DIYが得意だとしても、強風に耐えられるように万全な補強をするといった専門的な作業も多く、アンテナ工事の専門会社に依頼するのがおすすめです。

アンテナ工事が専門なだけあってメリットも豊富にあります。

メリット1.知識と技術と経験の3拍子が揃っている
メリット2.迅速な対応をしてもらえる
メリット3.取り扱っているメーカーや製品が豊富

なお、アンテナ専門の工事会社を見つけるには、

  • インタネット
  • 知人に紹介してもらう
  • テレビや新聞・雑誌の広告などで探す

といった方法があります。

まとめ

八木式アンテナや平面アンテナ、室内アンテナなどテレビアンテナの種類は豊富です。どのアンテナを選ぶのかはご自身の判断によるところが大きいですが、性能を重視するなら八木式アンテナ、見た目を重視するなら平面アンテナ、価格重視なら室内アンテナを選ぶのが一般的です。

ただ最近は、高性能の平面アンテナも発売されており、見た目も性能もどちらも優先できる製品が増えています。

どのアンテナが適切か、一般の方には分からないことも多いので、ぜひさくらアンテナにお問い合わせください。

関連記事

テレビアンテナの設置場所はどこがいい? アンテナの種類別に解説!

八木式アンテナには室内用と屋外用がある。選び方を解説!

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。