ケーブルテレビが映らない!?原因と対処法を確認して早く復旧しよう! | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

ケーブルテレビが映らない!?原因と対処法を確認して早く復旧しよう!

2021.09.08

アンテナのトラブル

電波の受信状況がよくないエリアで導入されているのがケーブルテレビです。アンテナで電波をキャッチするのではなく、ケーブルをつないで各家庭に電波を届けるため、電波障害になりにくいというメリットがあります。

しかし、まったくトラブルがない訳でもありません。反対にあまりないことだからこそ、テレビが映らなくなって慌ててしまう人も多いのです。

そこで今回の記事では、ケーブルテレビが映らないときの原因を紹介し、その対処法を解説します。

エラーコードで原因を把握して対処法を実行しよう

通常の地上デジタル放送を見るのと同じく、テレビが映らないときはエラーコードが表示されます。そのエラーコードの種類によって、原因とその対処法がある程度わかりますので確認しましょう。

中でも最も表示されやすいのが「E202」です。電波がテレビまで届いていない、あるいは電波が弱い状態の時に表示されます。
その原因はいくつかありますので、下記で確認してください。

①接続に不具合がある

テレビに接続されているケーブルが緩んでいたり、抜けているなどで、電波がテレビに届いていない状態です。ケーブルを抜いて、接続し直してみましょう。

②設備のメンテナンスが行われている

放送を提供している事業者が放送機器をメンテナンスするために、放送を休止することがあります。この場合も、視聴者の住宅ではテレビが見られない状態になります。メンテナンスは深夜に行われることが一般的ですが、メンテナンスが行われるという情報を知らないでテレビをつけてしまう視聴者も多いようです。

通常は事業者のホームページに放送休止のお知らせが出ているはずですので確認しましょう。この場合の対処法は、メンテナンスが終わるのを待つしかありません。事業者によっては月に1~2回ほど機器のメンテナンスを行うため、それに合わせて放送を休止しています。

③停電が発生している

事業者の所在地で停電が起きていることも考えられます。ご自身が住んでいるエリアでは停電が起きていなくても、事業者がある場所で停電が起きていることもありますので、情報を確認しましょう。

④障害が起きている

ケーブルテレビは、事業者が受信した電波をテレビ送信局から伝送路を用いて各家庭に届ける仕組みです。

各家庭に設置されたアンテナで電波を受信するのとは違い、電波が届くまでに複数のシステムが必要なため、どこかに障害が発生すると各家庭に電波が届かないという状況になります。前述した停電もそうですが、このほかにも落雷、施設の故障、家事、事故などで電波を送信する仕組みに障害が起きてしまうと、テレビが映らない状態になります。

この場合は、設備の障害が解消されるまではテレビを見ることができないのが通常です。ホームページなどで障害情報が出ていないか、確認しましょう。

これらの原因を確認するには、まずテレビが映らない状態になったらすぐにホームページなどで障害情報あるいはメンテナンス情報が出ていないか、確認しましょう。

もしそうした情報が出ていない場合は、テレビとケーブルの接続を確認します。それでもテレビが映らない場合は、他に問題があることが予想されるので、事業者に問い合わせてみましょう。

そのほかにはカードや選局に不具合があると映らなくなる

ケーブルテレビが映らない原因で最も多いのは前述した電波が届いていない状態ですが、それ以外にもいくつか原因があります。こちらもエラーコードでその原因が分かるので、見てみましょう。

E100…このエラーコードが表示されている場合は、B-CASカードおよびC-CASカードに不具合があります。カードがしっかり挿入されている状態で破損していなければ、接触が悪くて読み込めていないことが推測されます。カードを一度抜いて、乾いたタオルなどで拭いてから改めて差し込んでみましょう。

E205…このエラーコードはチャンネルに不具合がある場合に表示されます。例えば、契約外のチャンネルを選んでいるケースなどに表示されます。単に契約外のチャンネルに合わせている場合と、コース変更後などに間違ってチャンネルを選局していることがあります。もう一度、契約内容を確認しましょう。

エラーコードを確認して紹介した対処法でも改善されない場合は、テレビを再起動することで原因もリセットされて、映るようになることがあります。その方法は、テレビの電源を落としてさらにコンセントを抜きます。そして10秒ほど待ってから、再びコンセントを差して電源を入れるという方法です。

これでリセットできることもありますので、ぜひお試しください。それでも改善されない場合は事業者に問い合わせて確認してください。

まとめ

今回の記事では、ケーブルテレビが映らない原因とその対処法について解説しました。自分でできる対処法は、ケーブルの接続を確認することと、B-CASカードおよびC-CASカードの確認です。

弊社ではケーブルテレビのトラブルにも対応していますので、お気軽にご相談ください。
さくらアンテナの4つの安心サポートについてはこちら

関連記事
テレビが映らないのはアンテナのせい?確認方法と対処法を解説
テレビが突然が映らない!「E202」のエラーメッセージの対処法とは?

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。