マンションの大規模修繕で行うテレビアンテナ工事の解説 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

マンションの大規模修繕で行うテレビアンテナ工事の解説

2022.03.10

アンテナ工事

分譲マンションなど大規模な集合住宅では、10年に一度といった頻度で大規模修繕工事を行います。その際にテレビアンテナを交換したり、補修をすることもあります。

そこで今回のコラムでは、マンションの大規模修繕工事の際に行われるテレビアンテナの工事について解説していきます。

アンテナの寿命は20年前後だがマンションは劣化が早いことも

マンションの大規模修繕は12年周期が一般的とされていますが、マンションの管理組合などによって異なります。10年、12年、15年に一度という頻度が多いようです。

それに対してテレビアンテナの寿命は、概ね15年から20年程度です。ただし10階以上などの高いマンションであれば、アンテナも高い位置に取り付けられていることが考えられ、強風などの自然環境によって寿命は短くなりやすいです。そのため適切な時期でのメンテナンスは欠かせません。

またマンションで電波を受信する仕組みは、アンテナ本体だけはありません。アンテナからマンション全体に張り巡らせたケーブルはもちろん、ブースターや分配器などの周辺機器にも寿命があります。

マンションで地上デジタル放送を視聴するために必要な設備とは?

戸建ての一般住宅であれば、テレビアンテナ本体、ケーブル、ブースター、分配器、分岐器などが必要になりますが、マンションでテレビを視聴するために必要な設備はもちろん規模が大きくなります。ここからは、具体的にどのような設備が用いられているのか解説します。

共同受信用UHFアンテナ

電波塔から発信されるテレビ電波をキャッチするのがアンテナです。戸数が多いため、電波を受信する素子が多く、高利得で受信性能が高いものが用いられます。

共同受信用ブースター

受信した電波を増幅させるのがブースターです。マンションは戸数が多いため、高出力のブースターを用いて各部屋に届けます。電波のレベルは、アンテナから距離が遠くなるほど減衰していく性質があります。そのため大規模および中規模のマンションでは、各フロアにブースターを設置し、電波を増幅させてから各部屋に届けるシステムを用いていることもあります。

共同受信用分配器

アンテナから届いた電波を均等に分けることができるのが分配器です。マンションでは複数の世帯に電波を届けるため、分配器を用いて電波を分配しています。

また大規模なマンションでは、下記のような配線用の装置が各階に設置されていることがあります。

MDF(Main Distributing Frame)

MDFとは主配電盤のことです。電話回線や光ファイバー、アンテナケーブルなどの配線類を、MDFを経由して各フロアに配線していくため一カ所で集中的に管理することができます。

IDF(Intermediate Distribution Frame)

IDFとは中間配線盤のことです。MDFを経由した配線を、各フロアに設置したIDFで集約することができます。このIDFから、各部屋に接続していきます。

マンションのアンテナを交換およびメンテナンスをする際は、これらのすべてを確認することになります。そのため大規模修繕工事と同時に行う方が、コスト減に繋がります。

大規模修繕工事に合わせてBS放送から4K8K放送対応アンテナへの切り替え工事も

前述した設備は老朽化とともに交換や補修が行われますが、大規模修繕工事を行う際に増えているのがBSアンテナから4K8K放送対応アンテナへの切り替え工事です。

すでにBSアンテナが設置され、入居者がBS放送を視聴している場合、大規模修繕工事をきっかけに4K8Kアンテナに切り替えを希望するマンションの管理組合が増えているのです。4K8K放送は2018年に始まっており、大規模修繕工事のタイミングに合わせて導入を検討されることが多くなったのです。

マンションの共同視聴用のパラボラ型アンテナは、一般住宅で用いられる45センチ前後のアンテナとは異なり、60〜80センチ前後のアンテナが用いられます。また強風に耐えられるように、風穴が開いたものが用いられることもあります。

4K8K放送対応アンテナは市販されており、アンテナ専門の工事会社でも取り扱われています。もちろん弊社でも取り扱っており、地上デジタル放送用の設備に加えて、「新しく4K8K放送対応アンテナを設置したい」といった依頼にも対応しています。

マンションに合わせて最適なプランをご提案させていただきますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

まとめ

マンションの場合、一般家庭よりテレビアンテナの寿命は短くなりやすいため、メンテナンスを適切に行うことが重要です。

マンションでは外壁の補修工事などを中心にした大規模修繕工事を10年程度に1度の頻度で行いますので、大規模修繕工事に合わせてアンテナのメンテナンスや交換工事を行うことをおすすめします。
弊社でもアンテナやテレビ電波に関する相談を随時受け付けています。入居者の快適なテレビライフを維持するためにも、気軽にご相談ください。

大規模修繕工事に伴うテレビアンテナの設置はさくらアンテナへ

関連記事
【管理者様向け】マンションのアンテナ工事の注意点を解説
プロが徹底解説!テレビアンテナ工事会社の選び方

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。