CSが映らないのはアンテナのせい?確認方法と対処法を解説 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

CSが映らないのはアンテナのせい?確認方法と対処法を解説

2021.12.22

アンテナのトラブル

専門性の高いチャンネルが多彩に揃っているCS放送を視聴している方が増えています。また「そろそろCS放送を導入してみようか?」と思っている方もいるでしょう。

そんなCS放送でのトラブルの一つが、放送が映らないことです。そこで今回のコラムでは、CS放送が映らないときの確認方法と対処法を解説していきます。

CS放送とBS放送は電波を送信する衛星が異なる

人工衛星を用いてテレビ番組を放送しているため、同じように思われる方が多いようですが、BS放送とCS放送は異なります。いくつか異なる点がありますが、まずは電波を送信している人工衛星が異なります。

下記を見ると分かる通り、BSとCSという名称がその衛星の違いを表しているのです。

・BS放送…放送衛星(Broadcasting Satellite)
・CS放送…通信衛星(Communications Satellite)

また、大きな違いはCS放送は事業者が複数のチャンネルを放送し、視聴するには費用が発生することです。現在、国内で視聴できるCS放送サービスは、110度CSデジタル放送「スカパー!」と124/128度CSデジタル放送「スカパー!プレミアムサービス」です。

このCS放送は、現在各家庭に設置されているパラボラアンテナで受信する方法のほか、ケーブルテレビやインターネットテレビなどで視聴することができます。
今回のコラムでは、主にパラボラアンテナを用いて視聴しているケースを想定して、CS放送が映らなくなった際の確認方法や対処法について解説していきます。

CS放送が映らないときはテレビで状態を確認する

CS放送が映らないときの確認方法を次から2つ紹介しますので、参考にしてください。

テレビなどの機器の電源を確認する

CS放送といっても、現在はテレビにチューナーが内蔵されているため、外付けのチューナーを用いているご家庭はそれほど多くありません。そのためまずはテレビやブルーレイレコーダーなどチューナーの役割をしている機器の電源が入っているか確認しましょう。

またブースターを用いている場合は、ブースターの電源が入っていないこともあります。通常はCS放送用のブースターが設置されていますので、確認方法がわからない場合は取り付けた業者などに確認しましょう。

アンテナレベルを確認する

電源に問題がなければ、電波がしっかりテレビに届いているかの確認をしましょう。そのために行うのはアンテナレベルの確認です。リモコンを用いて、下記のような流れで行います。

①リモコンで「設定」(「ホーム」の場合もあり)ボタンを押す
②「アンテナレベルを確認する」ボタンを押す
③アンテナレベルが表示される

アンテナレベルに異常があれば、下記のエラーコードが表示されます。

E201…アンテナレベルが低下しています
E202…電波が届いていません
E203…放送されていないチャンネルです

エラーメッセージによって、アンテナの不具合がどのような状況か分かります。もしこれらのエラーコードが表示されない場合は、原因はすぐに分かりませんので、アンテナ工事の専門会社に問い合わせてみましょう。

電波に異常がある場合に確認するのはケーブルとカード

エラーコードが表示され場合、E201とE202はテレビに届いているはずの電波に異常があると考えられます。一般の人がまずできるのは、ケーブルの接続を確認することです。機器を動かした際や、足が引っかかったなどでケーブルの接続がゆるんでしまうことがあるからです。

ケーブルの接続を確認する際は、見た目だけでは正しく接続されているのかわからないこともあります。そのため、一度抜いてから再び差してみましょう。
確認するのは、テレビの背面にあるアンテナ端子、ビデオやブルーレイのアンテナ端子、さらに壁面に取り付けられているアンテナ端子などです。

またテレビやレコーダーでは、受信した電波をB-CASカードまたはC-CASカードで映像化しています。そのためこれらのカードに不具合があった場合も、CS放送が観られなくなります。汚れなどがついていないか、カードを確認してみましょう。

ケーブルの抜き差しを行ったり、カードの確認をしてもCS放送が映らない場合は、テレビ、ブルーレイ、ブースターなどアンテナからテレビまでに接続されている受信機器の再起動を行います。機器がリセットされ、不具合が解消される可能性もあるからです。

再起動の方法は下記になります。

①電源を抜く
②15秒ほど待つ
③再びコンセントを差し込む

この方法を行ってもテレビが映らない場合は、アンテナやブースターなどに問題があることが考えられます。

アンテナに問題があるケースで考えられるのは、CS用のアンテナが台風や突風といった強い風を受けた際です。また地震の揺れによってアンテナが傾くこともありますし、鳥がとまった、ぶつかったなどでもアンテナに不具合が発生することがあります。

ただしこのようなことが起きていなければ、ご自身で原因を突き止めたり、修理することは難しいと考えられます。その際は、お近くのアンテナ工事の専門会社に相談してください。適切に対応してくれるはずです。

まとめ

CS放送というと特別な電波を使っているように思われがちですが、アンテナで電波を受信してチューナーで映像化するという仕組みは同じです。
万が一、CS放送が映らないという状況になった場合は、今回紹介した方法で確認し、対処してみましょう。

また、弊社でもCS放送に関する相談を受け付けています。状況の確認や故障の修理なども行っておりますので、お気軽にご相談ください。

熟練スタッフの迅速工事について

関連記事
テレビが映らないのはアンテナのせい?確認方法と対処法を解説
BS放送が映らない?マンションでBS放送を視聴する方法

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。