業界初の認証制度「アンテナ工事士」とは? | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

業界初の認証制度「アンテナ工事士」とは?

2022.03.24

アンテナ工事

アンテナ工事士という資格をご存知ですか。アンテナ工事は誰でも行うことができますが、それは基本的な作業であれば資格は必要ないからです。しかしアンテナ工事の専門的な知識を持っている人であれば、より正確な工事を行ってくれるはずです。

そこで今回のコラムでは、アンテナ工事業界で初めての認証制度である「アンテナ工事士」について掘り下げて紹介します。

アンテナ工事士とは高品質のアンテナ工事を提供するための資格

アンテナ工事士とは、一般社団法人アンテナ技術保証協会が運営、管理をしている資格制度です。認証の対象となるのは、アンテナ工事の技術的な基準をクリアした人となっています。
具体的には、地上デジタル放送およびBS・CS衛星放送、FM放送を受信する工事における実務能力に加え、顧客満足度の高い技術やコミュニケーションを提供することができる人に対して与えられる資格です。

一般社団法人アンテナ技術保証協会が資格制度を設けた大きな理由は、テレビアンテナ工事業者が乱立する中で、悪質な工事をする業者から利用者を守るためです。また、工事業者の技術や信用を担保するという目的もあります。

アンテナ工事士には、その技術と知識のレベルで第一級と第二級があります。技術の進歩に対応した認定として3年ごとの更新が必要になるため、資格保有者は最新の技術を保有しているスペシャリストということもできます。

資格は2つのレベルがあり、どちらも狭き門に

アンテナ工事士の資格には、2つのレベルがあります。それぞれの違いは下記のようになっています。

  • 第二級アンテナ工事士…主に戸建て住宅に対応する地上デジタル放送受信、BS・CS衛星放送受信、FM放送受信に関する工事にかかわる知識と技術を保有している人材
  • 第一級アンテナ工事士…主に戸建ておよび集合住宅に対応する地上デジタル放送受信、BS・CS衛星放送受信、FM放送受信に関する工事にかかわる知識と技術を保有している人材

第二級アンテナ工事士は誰でも受験できますが、第一級アンテナ工事士は第二級アンテナ工事士の資格保有者で、しかもアンテナ工事会社で5年の実務を有している人だけが受験できます。つまり、第一級の資格保有者はかなり限られていることになります。

第二級の試験は概ね毎年行われており、直近では2021年11月24日に行われました。その後、2021年12月20日に合格者が発表されています。受講および受験費用は16,000円で、一般社団法人アンテナ技術保証協会の会員企業の従業員であれば8,000円となります。

試験の開催場所は公表されていませんが、東京近郊で行われることが通例です。また受験は誰でも受けられますが、定員が26人と決まっており、定員になり次第締め切られています。つまりかなり狭き門ということなのです。

受験問題は30問あり、19問以上の正解で試験に合格となり、認証資格が授与されます。解答方式はマークシートで、主に4択となります。

具体的な問題レベルは、下記を参考にしてください。

「問2.衛星放送の仕組み
衛星放送の仕組みや地上波デジタル放送との違いについて正しいものを次の選択肢より答えよ

  1. 衛星放送の仕組みは衛星にアップリンクした信号をダウンリンクさせておこなっている。
  2. 衛星放送は地上波デジタル放送が受信出来ない地域では必ず受信できない。
  3. BS110度CS放送は衛星より最高3224MHzの周波数でアンテナまで送信している。
  4. BS110度CS放送の仰角は全国一律で約38度である。

(令和2年度「第二級アンテナ工事士認定試験」問題より引用)

ちなみに2020年度の試験では19人が合格し、現在現場で活躍しています。また第一級の次回の受験日は、2023年9月初旬頃の予定となっています。

協会のホームページでは全国の会員企業を検索できる機能も

「アンテナ工事士」の資格を発行および運営するのは、アンテナ工事会社を営む株式会社電翔の竹内達也社長と、株式会社ライフテックスの松田雄一社長が2018年に設立した一般社団法人アンテナ技術保証協会です。

同協会のホームページでは会員企業を検索できる機能もあり、全国各地でアンテナ工事業者を探している人からの依頼にも対応しています。興味のある方は、同協会のホームページを参照してください。

まとめ

一般の人でも工事ができるように、アンテナ工事を行うために資格は必要ありません。しかしさまざまなアンテナ工事業者がいることから、アンテナ工事を依頼したい人を悩ませているのも事実です。

そのため、一般社団法人アンテナ技術保証協会が運営を開始したのが、アンテナ工事士という資格です。幅広い知識と技術を備えた人だけが保有できる資格で、資格保有者にアンテナ工事をしてもらうことができれば、より安全・安心です。

もちろん弊社は、資格保有者に負けず劣らずのベテラン技術者が多数いるアンテナ工事の専門会社です。アンテナ工事の依頼はもちろん、アンテナに関する素朴な疑問や不安なことまで、あらゆる相談に応じています。お気軽にお問い合わせください。

さくらアンテナへのお問い合わせはこちらから

関連記事
失敗しないアンテナ工事業者の選び方とは? 悪徳業者に騙されない選定方法もご紹介!
アンテナ工事の際に電気工事士の資格が必要になる?その実態とは?

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。