弱電界地域って何?テレビアンテナの選び方 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

弱電界地域って何?テレビアンテナの選び方

2022.03.17

アンテナ工事

快適なテレビライフのために知っておきたいのが、テレビ電波の受信レベルで異なる電界地域です。もしご自身が住んでいる場所が弱電界地域であれば、テレビを視聴するには知識や工夫が必要になります。

そこでこの記事では、弱電界地域について解説し、地域に適しているテレビアンテナについて紹介していきます。

周辺の環境によって届く電波の強さが弱くなることがある

地上デジタル放送は、電波塔から発信された電波を各家庭のテレビアンテナで受信することで視聴できます。この時、周辺環境の影響などにより、アンテナに届く電波の強さは異なります。これを表しているのが電界強度です。

電界強度は、主に強、中程度、弱の3つに分けられ、電波が強い地域から「強電界地域」「中電界地域」「弱電界地域」となります。届く電波が強い強電界地域ではテレビ視聴に問題が起きることは少なく、反対に弱電界地域ではノイズが入るなどテレビ視聴に問題が起きる可能性があるのです。

弱電界地域で電波が届きにくい理由は、主に次の3つがあります。

  • 電波塔が遠い
  • 電波塔との間にビルやマンションなどの高層建造物がある
  • アンテナの設置場所が山や森林に囲まれている

こうした環境によってアンテナでキャッチする電波が弱くなってしまい、テレビ視聴に問題が発生してしまうのです。

弱電界地域に適しているのは素子数の多い高性能アンテナ

もしご自分のご自宅が弱電界地域にある場合、テレビを視聴するには高性能のテレビアンテナを選ぶ必要があります。アンテナには八木式アンテナとボックス型アンテナ、室内アンテナなどがありますが、主流の八木式アンテナで言えば、素数の数を目安に選ぶといいでしょう。

下記はそれぞれの地域によって推奨される素子の数です。参考にしてください。

  • 強電界地域…4~8素子
  • 中電界地域…14~20素子
  • 弱電界地域…20~30素子

素子とは、アンテナにある電波を受信する金属の棒で、別名エレメントとも言われます。八木式アンテナは魚の骨の形をしていると言われますが、この魚の骨の部分に当たるのが素子です。

市販されているアンテナは14〜20素子程度のものが多いですが、DXアンテナでは30素子の高性能アンテナを市販しています。弱電界地域に設置するのであれば、このように素子の数ができるだけ多いものを選ぶようにしましょう。

また弱い電波を増幅させることができるブースターの設置も検討してください。受信した電波が弱くても、ブースターを活用することでテレビをより快適に視聴できる可能性があります。

ちなみに弱電界地域の定義は電界強度が60db以下で、60db以下の地域はすべて弱電界地域となります。つまり弱電界地域の中には50dbの地域もあれば、10dbの地域もあるということです。同じ弱電界地域でも電波の受信レベルが異なりますので、ご自宅の電波状況に合ったアンテナやブースターを選ぶようにしましょう。

弱電界地域ではアンテナの取り付け方にも工夫が必要

前項では、弱電界地域に適しているアンテナの選び方を紹介しましたが、設置の仕方にも工夫が必要です。代表的な方法は、できるだけ高い位置に設置することです。高所に取り付けることで周辺の障害が少なくなり、電波が遮断されにくくなるのです。

電波塔が見える位置であることはもちろん、隣の住宅よりもできるだけ高い位置に取り付けられるように、固定金具などを用意しましょう。

ただし高過ぎると風の影響を受けてしまい、設置が困難なだけではなく、劣化が早く進む可能性もあります。そのため適切な高さに取り付けるようにしましょう。感覚的なものになりますので、ご自分で判断が難しい場合はアンテナ工事の専門会社に相談してください。

また近隣のビルなどが影響して受信電波のレベルが低い場合は、反射波を活用する方法もあります。例えば、隣に高いビルが建っている場合、そのビルに反射したテレビ電波を受信することで、受信レベルを上げることができるのです。

例えば「最近テレビの映りがよくなくなった」というケースでも、反射波を活用することで映りが良くなることもあります。反射波を活用するには、受信レベルが低い原因の解明やアンテナの方向調整といった知識と技術が必要になります。反射波を活用するには専門知識が必要になるため、アンテナ工事業者に相談することをおすすめします。

もちろん弊社でも、突然テレビの映りが悪くなったといった相談にも対応しております。お気軽にお問い合わせください。

まとめ

テレビの視聴環境は、電波の受信状況によって大きく変わります。そのためご自身のお住まいが、どの電界地域にあるのか、適切に確認することが大切です。

もちろん弱電界地域でも、正しくテレビアンテナを選び、ブースターなどを取り付けることで、問題なくテレビを楽しむことができます。弊社でも、電波状況に合わせた最適なプランをご提案させていただきますので、気になる点があればお気軽にご相談ください。

さくらアンテナのアンテナ設置料金についてはこちらから

関連記事
アンテナレベルとは?テレビの映りが悪いときの対処法
ブースターでテレビの映りが良くなる?選び方のポイントをご紹介!

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。