0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

地デジアンテナを交換する時期の目安は?

2021.08.17

アンテナ工事

屋根の上に設置しているため、普段はアンテナのことを気にしないで生活をしている人も多いのではないでしょうか? しかしアンテナにも寿命があり、知らないうちに交換の時期を迎えていることもあります。

そこで今回の記事では、地上デジタル放送用のテレビアンテナの交換時期について解説していきます。

地上デジタル放送用のアンテナの種類

地上デジタル放送を見るために必要なアンテナはUHFアンテナと呼ばれ、市販されているものを分けると次の3つの種類があります。

・八木式アンテナ…主に屋根の上に設置される魚の骨のような形をしたアンテナ。
・ボックスアンテナ…外壁などに取り付ける四角い箱型のアンテナ。
・室内アンテナ…室内の、電波を受信しやすい場所に置くアンテナ。

それぞれで交換時期の目安が異なりますので、次の項目で見ていきましょう。

八木式アンテナの交換時期の目安

八木式アンテナは屋外に設置される金属製のアンテナです。そのため、気象条件などの影響を受けやすく、メンテナンスもしづらいため、寿命は一般的には10年~20年と言われています。ただし、周囲の環境によっても交換の時期が異なります。八木式アンテナの場合は下記の項目が交換時期に影響を与えますので、詳しく見てみましょう。

・雨の多さ…八木式アンテナは電波を受信する素子という部分が金属でできています。そのため雨などにさらされることで、サビが発生して劣化を早めてしまいます。特に海に近い地域は塩分を含んだ風の影響で劣化が早いとされ、寿命よりも早く交換時期を迎えることが多いようです。

また、アンテナそのものではなく、アンカーなどの固定金具も金属製です。近年は防錆加工がされていたり、防水キャップなどで雨風に触れないようにしているものもありますが、それでも劣化を防ぐには限界があります。

・交通量の多さ…自動車から出てくる排気ガスには有害物質が含まれています。そのため交通量の多い場所に設置されている金属製のアンテナはサビなどで劣化が早いと言われています。

こうした環境の影響を受けやすいので、設置して30年が経過してもまだ大丈夫なアンテナもありますし、5年で不具合が出てくるアンテナもあります。定期的に点検をするなどして、状態を確認するようにしましょう。

ボックス型のアンテナと室内アンテナの交換時期

ボックス型のアンテナの寿命は実はまだはっきりとしていません。それはボックス型のアンテナが市場に登場したのが2009年頃とされ、まだ10年ちょっとしか経っていないからです。しかも一般家庭に普及し始めたのはここ5年くらいです。そのため設置してからどれくらいで交換したというような実例がないのです。

一般的にテレビアンテナの寿命は10年~20年とされますが、それは屋外に設置されている八木式アンテナの場合です。それに対してボックスアンテナの場合は、劣化が激しいとされる金属部分の素子は箱の中にしまわれています。そのため素子ではなく、金属でできている固定金具の方が劣化が進むと考えられます。防錆などの特別な加工がされていなければ、固定金具が錆びて劣化してしまうのです。

前述したように雨と交通量の多さなどの状況によって交換時期は変わります。ただしアンテナ自体が劣化していなければ、固定金具だけを交換するだけでいいケースもあります。

一方、室内アンテナも、ボックス型アンテナ同様に交換時期がはっきり分かっていません。室内アンテナをそれほど長く使う家庭が多くないからです。また市販されている室内アンテナは価格帯がバラバラで、数千円のものからあります。価格によってアンテナに使われている素材も違いますので、一概に寿命がいつとも言えないのです。

そのため使用期間ではなく、どのような状態かで交換時期を検討する方がベストです。次の項目では、アンテナの状態から交換時期の目安を解説していきます。

地デジアンテナの寿命のサインとは?

屋外に設置する八木式アンテナは10年前後がおおよその交換時期とされますが、あくまでも目安です。10年経ってもまだまだ問題なく使用できている例は数多くあります。
ですので、アンテナの状態によって寿命を確認するようにしましょう。主に下記のような状態になっていたら交換時期に来ていると考えていいでしょう。

・テレビの映りが悪くなっている
・素子の部分がサビなどで腐食が進んでいる
・素子の外側の素材が剥がれている

最も気にして欲しいのはテレビの映りが悪くなっていることです。特に、台風などの後ではないのに、テレビの映りが悪くなったらアンテナの交換時期の可能性が高いです。

また電波を受信するのは、どのアンテナも素子の部分です。ここがサビや劣化などで状態が悪くなるとテレビが視聴できなくなります。この素子の部分は金属でできていますから、いずれ交換する必要があることを念頭に置いておきましょう。

まとめ

テレビアンテナの交換時期は10年が目安です。ただし周辺の環境によってアンテナの寿命は大きく違います。そのため、まずは設置してから10年前後を目安にメンテナンスをしましょう。

アンテナ工事の専門会社であれば、その時の状態によって交換時期がいつくらいか、まだ問題なさそうか、ある程度わかるものです。

テレビアンテナを設置して10年が経過していれば、ぜひ一度、アンテナ工事の専門会社に相談してください。弊社でももちろんアンテナの点検、調査、交換、新規取り付けなどあらゆることに対応しています。

年中無休のサポート体制!
さくらアンテナの安心の保証制度について

関連記事
アンテナの交換目安はどれぐらい?有名メーカーアンテナの対策も紹介
地デジアンテナ設置を自分でするのは危険?注意点を解説

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

関西2府4県 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

大阪エリア

大阪市 / 堺市 / 池田市 / 箕面市 / 豊中市 / 茨木市 / 高槻市 / 吹田市 / 摂津市 / 枚方市 / 交野市 / 寝屋川市 / 守口市 / 門真市 / 四條畷市 / 大東市 / 東大阪市 / 八尾市 / 柏原市 / 和泉市 / 高石市 / 泉大津市 / 岸和田市 / 貝塚市 / 泉佐野市 / 泉南市 / 阪南市 / 松原市 / 羽曳野市 / 藤井寺市 / 富田林市 / 大阪狭山市 / 河内長野市

兵庫エリア

神戸市 / 京都市 / 福知山市 / 舞鶴市 / 綾部市 / 宇治市 / 宮津市 / 亀岡市 / 城陽市 / 向日市 / 長岡京市 / 八幡市 / 京田辺市 / 京丹後市 / 南丹市 / 木津川市 / 明石市 / 加古川市 / 高砂市 / 西脇市 / 三木市 / 小野市 / 加西市 / 加東市 / 姫路市 / 相生市 / 赤穂市 / 宍粟市たつの市 / 豊岡市 / 養父市 / 朝来市 / 篠山市 / 丹波市 / 洲本市 / 南あわじ市淡路市

京都エリア

京都市 / 福知山市 / 舞鶴市 / 綾部市 / 宇治市 / 宮津市 / 亀岡市 / 城陽市 / 向日市 / 長岡京市 / 八幡市 / 京田辺市 / 京丹後市 / 南丹市木津川市

奈良エリア

奈良市 / 大和高田市 / 大和郡山市 / 天理市 / 橿原市 / 桜井市 / 五條市 / 御所市 / 生駒市 / 香芝市 / 葛城市 / 宇陀市

滋賀エリア

大津市草津市 / 守山市 / 栗東市 / 野洲市甲賀市 / 湖南市 / 東近江市 / 近江八幡市 / 米原市 / 長浜市 / 高島市

和歌山エリア

和歌山市 / 海南市 / 橋本市 / 有田市 / 御坊市 / 田辺市 / 新宮市 / 紀の川市 / 岩出市

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県等、関西2府4県を完全網羅しております。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。