アンテナブースターの交換は必要?寿命や交換費用を紹介 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

アンテナブースターの交換は必要?寿命や交換費用を紹介

2021.09.22

アンテナ工事

ブースターとはアンテナで受信した電波を増幅する機器です。テレビを見ているときに電波の状態が悪くなると、通常はテレビやアンテナの不具合を疑いますが、ブースターに不具合が起きている場合もあります。それはブースターにも寿命があるからです。

そこでこの記事では、ブースターの寿命や交換費用などについて紹介します。

ブースターの役割は受信した弱い電波を強くしてテレビに届ける

ブースターはアンテナのすぐ下に取り付けられていることが多いのですが、すべての住宅に設置されているわけではありません。必要がなければ取り付けなくてもいいからです。

それではどんな状況でブースターが必要になるのかというと、アンテナで受信した電波が弱いときです。テレビのブースター取り付け工事を行い、アンテナで受信した電波を増幅させることで視聴するのに最適な電波にすることができます。

電波が弱い状態になる代表的な理由は、次の3つがあります。

・住んでいるエリアに届く電波が弱い
・アンテナからテレビまでの距離が長い
・複数のテレビで見る

こうした状態のときにブースターを設置すれば電波を強くすることができます。そのため問題なくテレビを視聴できるようになります。

経年劣化以外にも間違った使い方で劣化や故障が起きてしまう

ブースターは精密機器ですので、経年による劣化は避けられません。寿命は一般的に10年~15年と言われますが、屋内に設置している場合と屋外に設置している場合では違います。屋外の場合は、雨や風だけではなく、紫外線も多く浴びているため、屋内よりも屋外に設置している方が寿命は短くなります。

この寿命以外にブースターが故障する原因は、主に「電波が強すぎる場合」と「異常発振の場合」の2つがあります。詳しく見てみましょう。

・電波が強すぎることによる故障
ブースターは弱い電波を増幅する機器です。そのため元々電波の受信レベルが強い場合は必要ないので、電波の受信レベルが高い場合にブースターを設置してしまうと正常に作動しなくなり、テレビが映らなくなってしまいます。受信レベルを正確に測定しないでブースターを取り付けた場合などに、こうしたトラブルが起きることになります。

・異常発振による故障
ブースターで増幅された出力電波と、ブースターで受信した電波が混線することで起きるのが異常発振です。アンテナとブースターの距離が近すぎたり、出力ケーブルと入力ケーブルを一緒に束ねてしまうといったことでこの異常発振が起きてしまいます。
間違った方向に流れている電波を増幅し続けることでハウリングのような状態を引き起こし、電波が逆流してテレビアンテナから放射されるなどのトラブルも発生します。

このように間違った使われ方により、ブースターが劣化したり、故障していまい、寿命を迎える前に交換する必要が出てくるのです。

ブースターを選ぶには3つの項目を確認

ブースターを新しく購入する際に、確認して欲しいのは「利得(ゲイン)」「定格出力」「雑音指数」の3つ項目です。どのように選べば良いのかを確認してください。

・利得…利得とはゲインとも呼ばれ、電波をどれくらい増幅できるのかを表す数値です。単位はdB(デシベル)で表され、数値が大きい方が増幅機能が高くなります。できるだけ利得が大きいものを選ぶといいでしょう。

・定格出力…定格出力はブースターの最大出力レベルです。この定格出力を超えてしまうと、テレビの映りが悪くなるなどの視聴トラブルが起きるため、できるだけ数値の大きいものを選びましょう。単位はdBμVで表されています。

・雑音指数…雑音指数はNFの単位で表記され、電波がノイズの影響をどのくらい受けているかを表しています。数値が大きいほど、受信した電波に大きな影響を与えており、電波の質を落とすことなくテレビに届けるにはできるだけ1に近い数値のものを選びましょう。

ブースターを選ぶ際のポイントを紹介しましたが、予算との兼ね合いもあります。その価格は、5,000円前後から15,000円が目安です。

安いものから高いものまでありますし、機能の幅も広くなっています。テレビのブースター交換は自分で行うことも可能ですが、市販されているものを見てもどれを選べば良いかよく分からないこともあるでしょう。お困りの際は、お近くのアンテナ工事専門会社にお問い合わせください。もちろん弊社でもブースターについて、あらゆる相談に応じています。

まとめ

アンテナの受信レベルが低い場合に欠かせないのがブースターです。しかし一般の人には馴染みがないためテレビに不具合があると、テレビかアンテナの故障や配線を疑い、ブースターの故障はあまり疑わないようです。

しかし今回紹介したように経年劣化による故障の他に、間違った使い方などでも故障することがあります。ただし見た目でブースターに故障があるのかどうかを見極めることは困難です。

ぜひお近くのアンテナ専門の工事会社に相談してください。アンテナとブースターの寿命はほぼ同じですから、アンテナを交換する際にブースターのメンテナンスや一緒に交換することも検討してください。
さくらアンテナでは、アンテナ設置以外にもテレビの不具合などのアンテナに関するお悩みを解決いたします。
さくらアンテナが選ばれる理由

関連記事
ブースターでテレビの映りが良くなる?選び方のポイントをご紹介!
地デジアンテナを交換する時期の目安は?

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。