テレビのアンテナケーブルを延長するやり方!画質への影響は? | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

テレビのアンテナケーブルを延長するやり方!画質への影響は?

2022.11.03

アンテナ工事

アンテナコンセント

ここにテレビを置きたいけど「テレビ端子がないから無理」と諦めていませんか?

テレビ端子がなくてもケーブルを延長すれば、どこでもテレビを楽しめます。

この記事では、テレビのアンテナケーブルを延長するやり方をわかりやすく解説しています。

必要なものは全て自分で簡単に用意できるので、最後まで読んでぜひ試してみてくださいね。

テレビのアンテナケーブルを延長するやり方

ケーブルを延長するには3つの方法があります。

それぞれの手順を解説していきます。

1: ケーブルを長いものに交換する

ケーブルを延長するのに一番簡単なのは、必要な長さのケーブルを用意する方法です。

ケーブルを選ぶ基準は、プラグの形、長さ、太さです。

さまざまなケーブルがあるので、必要なものを見極めて購入しましょう。5mで1,000〜2,000円ほどで購入できます。

ケーブルを長いものに変更するだけなので、部屋内の配線がシンプルで見た目もすっきりします。

2: 複数のケーブルを中継接栓(延長コネクタ)でつなぐ

中継接栓

購入したテレビに入っていたアンテナケーブルが、必要な長さに足りないことがありませんか?

家に使っていないケーブルがあれば、わざわざ長いケーブルを購入しなくても、中継接栓(延長コネクタ)という部品でつなぐ方法があります。

すでにケーブルを持っている場合は、足りない分だけ購入すれば安くすみます。

中継接栓は、ダイソーなどの100均でも売っています。ケーブルの型を確認して、対応した中継接栓を選びましょう。

【用意するもの】

  • アンテナケーブル2本
  • 中継接栓 ※同軸ケーブルの太さ(3C、4C、5C)に合わせる
  • ペンチ

【手順】

  1. テレビの電源を切る
  2. 中継接栓のプラグとケーブルのプラグをつなぐ
  3. 接続がゆるければペンチで挟んで固定する
  4. 接続したケーブルの両端をそれぞれの端子につなぐ
  5. 受信状況をチェックする

ケーブルを延長するときには、電波の受信レベルが下がらないように調整する必要があります。

作業自体は簡単ですが、お困りの際にはさくらアンテナにご相談ください。

さくらアンテナ
フリーダイヤル 0120ー09−2424
年中無休 受付時間9〜19時

3: ケーブルを自作する

テレビのアンテナケーブルは自作できます。

作業自体は難しくありませんが、配線加工の知識がない人には難易度が高いかもしれません。

ケーブルは30mで約2,000円、アンテナ接栓(コネクタ)かしめリングは数百円で購入できます。

【必要なもの】

  • 両端が未加工のケーブル
  • アンテナ接栓(コネクタ) ※同軸ケーブルの太さ(3C、4C、5C)に合わせる
  • かしめリング
  • ペンチ
  • ニッパー
  • カッター

【手順】

  1. テレビの電源を落とす
  2. ケーブルをニッパーで適当な長さに切る
  3. カッターでケーブルの両端部分のゴムを1〜2cmはがす
  4. カッターでアルミ箔と絶縁体を1cm程度はがす
  5. かしめリングをケーブルに通す
  6. アンテナ接栓(コネクタ)をケーブルに通す
  7. かしめリングをペンチで締める
  8. 受信状況をチェックする

ケーブルを自作して延長すると、必要な長さに合わせることができるので、無駄なたるみがなく部屋の壁際にぴったりはまります。

コネクタのついたケーブルより安価で揃うので、配線加工が初めての人も挑戦してみるのもよいでしょう。

テレビのアンテナケーブルを延長した場合のトラブル

ケーブルを延長した場合に、起こる可能性のあるトラブルを3つ紹介します。

1: ケガの要因

普段歩く範囲にケーブルが見えていると、足を引っ掛けてケガにつながる可能性があります。

ケーブルは、生活の邪魔にならないように壁に沿って配置しましょう。

2: ケーブルの断線

別の部屋のテレビまでケーブルを延長すると、ドアの開け閉めで断線してしまう恐れがあります。

ケーブルを断線させないためには、部屋の扉を開けっぱなしにする必要があるので、気になる人は入り口にカーテンをつけておくと良いでしょう。

また、家具の下敷きになり断線する可能性もあるので、注意して配線しましょう。

ケーブルモールを設置すると、コードを保護できます。

3: 画質が悪くなる

ケーブルを延長したことで、テレビの画質は悪くなるのでしょうか?

実は、安易にケーブルを延長すると画質が悪くなることがあります。

これはケーブルのタイプが延長する距離に合っていない場合に、電波がアンテナケーブルを通ってテレビに届く前に、途中でもれてしまうことが原因です。

減衰現象」と呼ばれるこの現象を抑えるためには、適切な長さと太さのケーブルを選ぶ必要があります。

また、ケーブルを延長したことで、画質が悪くなる原因は他にもあります。

  • 接続端子がきちんとつながっていない
  • ケーブルに損傷がある
  • 1つの分配器で複数のテレビをつなげている

ケーブルを延長した後に画質が悪くなった場合は、これらを確認してみましょう。

そもそもの受信レベルが弱い場合は、電波を強くするブースターを取り付けたり、壁にテレビ端子を取り付けたりする方法で改善できます。

さくらアンテナでも、現地見積もりを無料で行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

工事内容 工事料金(税込)
ブースター取り付け 16,500円〜
テレビ端子増設 現地見積もり

 

さくらアンテナ
フリーダイヤル 0120ー09−2424
年中無休 受付時間9〜19時

まとめ

今回は、テレビのアンテナケーブルを延長するやり方について解説しました。

ケーブルを延長する方法は次の3つです。

  • ケーブルを長いものにする
  • 複数のケーブルを中継接栓でつなぐ
  • ケーブルを自作する

また安易なケーブル延長は、トラブルになる可能性もあります。

適切な規格のケーブルや中継接栓を選び、断線しないよう気をつけて作業しましょう。

アンテナケーブルを適切に延長すると、どの場所でも快適にテレビを観られるようになりますよ。

関連記事
テレビ用同軸ケーブル(アンテナケーブル)の種類や仕組みの違いを解説

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。