アンテナ工事に最適な時期はいつ?地域やエリアごとに解説 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

アンテナ工事に最適な時期はいつ?地域やエリアごとに解説

2022.01.17

アンテナ工事

テレビアンテナは屋上に設置するため、天候に左右されることがあります。そのためできるだけ天候に左右されない時期を選んで工事するのが賢いと言えます。安全に工事ができるだけではなく、天候状況によって当日中止するといった事態を避けることができるのです。

そこで今回のコラムでは、アンテナ工事に適していない時期を地域やエリアごとに解説していきます。

アンテナ工事は天候の影響を受けて中止されることもある

テレビアンテナを設置する工事はいつでもできるのが前提です。例えば、「新築住宅に取り付けたい」「故障したので直したい」といった場合には、いつでもアンテナ工事をすることができます。

ただしテレビアンテナは屋根の上や外壁など屋外に設置するのが一般的です。そのため天候の影響を受けてしまい、工事が困難な状況になることもあるので覚えておきましょう。具体的には下記の例が考えられます。

・雨が降っている

屋根の上での作業になるため、屋根が雨で濡れていると作業員が滑って転落する危険があります。そのため雨の量にもよりますが、雨天時のアンテナ設置工事は原則として中止となります。

・強風が吹いている

こちらも同様に、作業員が転落する危険があります。またアンテナの角度を調整する際に、強風が吹いていると難航することが予想されます。屋根馬を支線で固定する際なども強風が吹いていると、適切に固定できない可能性があります。

・屋根の上に積雪がある

屋根の上に積雪があると屋根が滑りやすくなっているだけではなく、気温が低下していると屋根が凍結していることもあり、作業員が転落する危険があります。また屋根の上に雪が積もっていると、適切な場所にアンテナを設置するのが難しくなります。

このようにアンテナ工事は、天候状況によって実施するのが困難になることもあります。例えば雪が多い時期や台風が来やすい時期は、当日の天候によってアンテナ工事が中止になる可能性が高くなるのです。そのためスケジュール調整が難しく、地域によってアンテナ工事が適さない時期があると言われているのです。

次の項目で具体的に見てみましょう。

雪が多い、台風がよく来るといった時期のアンテナ工事は危険度も高い

前項で紹介したように、天候事情によってアンテナ工事が中止になることがあります。そのため地域ごとの天気の特徴と、アンテナ工事には以下のような関係があると考えられます。

・積雪のある地域

北海道や東北地方、北越地方などの日本海側は降雪・積雪ともに多く、冬の期間は屋根の上に積雪があることが考えられます。そのためアンテナ工事はしにくい状態です。

冬にアンテナ工事ができないことを見込んで、寒さが厳しくなる前の10月頃から、越冬するためのアンテナ補強工事などを行うケースもあります。冬は吹雪などが考えられますので、耐えられるように支線を増やすなどでアンテナを補強します。

また冬が終わったら、故障していないか確認するメンテナンス工事などが多くなります。そのためアンテナ工事の専門会社は迅速な対応ができないことがあります。メンテナンスを依頼する際は時間に余裕を持って行いましょう。

・台風の多い地域

一般的に台風が多いとされるのは沖縄県を含む九州地域、四国地域、紀州半島エリアなどですが、この地域では台風の多い8月後半〜10月前半にかけてアンテナ工事の予定が立てづらい時期とされています。急を要する場合以外は、別の時期にアンテナ工事を行った方がいいでしょう。

台風が直撃するなどで被害が発生すると、屋根が剥がれたり、建物が半倒壊するなどでアンテナ工事の依頼が多くなることもあり、アンテナ工事の専門会社は多忙になることもあります。

台風のシーズン前にメンテナンスを受け、台風の被害に遭っても問題ないように補強工事を行っておくのもいいでしょう。

・ゲリラ豪雨が多い地域

東京を中心とした首都圏などでは近年、ゲリラ豪雨と呼ばれるスコールのような現象が頻発するようになっています。特に夏の夕方などに、雷を伴って激しい雨風が降り注ぎます。

このゲリラ豪雨が発生すると工事は中断せざるを得ません。そのため都市部で夏の夕方にアンテナ工事の予定を入れることは、できるだけ避けた方がいいでしょう。激しい雨風に作業員がさらされて危険になってしまうことが考えられるからです。

アンテナ工事は屋外で行うため、このように天候の影響を受けて中止になることもあります。休みを取って都合をつけたとしても、その予定が崩れることになりますので、急を要する場合でなければできるだけこの時期を避けてアンテナ工事を依頼するようにしてください。

まとめ

例えば、塗装工事などは乾きが遅くなるので、梅雨の時期には依頼が減るという季節的な事情があります。これと同様に、雨や風、雪といった気象状況によって、アンテナ工事も左右されますので、影響の少ない時期を選ぶのが賢い選択と言えるのです。

ただしこれはあくまでも推奨しているだけで、この時期にアンテナ工事ができないというわけではありません。危険を伴わない、予定がズレにくいといったことで、雨や風、雪などの影響がない時期を選んだ方がいいということです。

もちろん弊社ではいつでもご要望に応じてご自宅までお伺いさせていただき、アンテナ工事をさせていただいております。このほか、アンテナ工事に関してのあらゆる相談に応じています。
熟練スタッフによる迅速工事について

関連記事
アンテナの交換目安はどれぐらい?有名メーカーアンテナの対策も紹介
テレビのアンテナって一度設置したらそのままでいいの?それとも寿命があるの?

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。