テレビに縦線が入ったときの原因や対処法を解説します。 | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

テレビに縦線が入ったときの原因や対処法を解説します。

2022.06.03

テレビの知識

テレビに縦線が入ってしまったらどうしたら良い?

そんな疑問にお答えします。

筆者は長年テレビトラブルの現場で働いてきましたので、こんなケースのお悩みにも何度も対応させていただいています。

縦線が出てきてしまった場合、これは基本的にテレビ本体に問題があります。

では、テレビにどんな問題があるのか、原因や対処法を解説していきます。

液晶テレビに縦線が出てしまう主な原因

液晶テレビに縦線が出てしまう原因は主に2つです。

それは、内部ケーブルに不具合がある場合。

もしくは、接続コネクタに不具合がある場合です。

内部のケーブルの不具合

液晶テレビの場合で多いのが、テレビの基盤に使われているフレキシブルケーブルの不具合です。

このケーブルが劣化や断線をしてしまうと、電気信号の流れが止まってしまい画面に縦線が出てきてしまいます。

接続コネクタの不具合

・テレビの背面などにある、他の機器と接続するための入力端子の不具合も原因の一つです。

接続コネクタとHDMIケーブルなどの端子の接続部分が緩んでいたり、接触不良があると縦線が出てきてしまいます。

プラズマテレビに縦線が出てしまう主な原因

プラズマテレビに縦線が出てしまう原因は主に2つです。

一番よくある原因がホコリによる不具合。

その次に多いのが、接続コネクタの不具合です。

ホコリが原因の不具合

プラズマテレビで縦線が出る一番の原因がホコリです。

プラズマテレビは同じ機種を長年使われている方が多く、使用期間中にテレ  ビの背面などから内部に大量のホコリがたまってしまい、放熱ができなくなった り、内部のコネクタが接触不良になり、それが原因で画面に縦線が出てきてしま います。

接続コネクタの不具合

プラズマテレビと他の映像機器を接続する入力端子の部分の不具合です。

接続コネクタとHDMIケーブルなどの端子が接触不良になると、映像信号が正しく届かず縦線が出てしまいます。

テレビに縦線が出たときの対処法【液晶・プラズマ】

次は不具合が出た際に、どの様に対処するべきなのかを詳しく解説していきます。

液晶テレビ、プラズマテレビで対処も異なりますので、しっかりと手順を把握した上で進めてください。

液晶テレビの場合

まずテレビの電源を落とし再起動してみましょう。

また、その時にテレビの接続 コネクタにつながっている他の機器のケーブルを一度外して接続しなおしてみてください。

再起動することで、テレビ内部の基盤に使われているフレキシブルケーブルの不具合が改善し、電気信号が正常に流れるようになる場合があります。

外部機器のケーブルを接続しなおすと、緩みなどが無くなり不具合が無くなる場合があります。

テレビの再起動やケーブルの接続をしなおすだけで、縦線が出なくなり、状態が改善したという事例はとても多いです。

画面に縦線が出てしまったら、電源を落としコンセントから電源プラグを抜き、少し時間をおいてください。

その時にHDMIケーブルなどが接続されている場合ケーブルを外し、接続コネクタ部のホコリなどを掃除してから、緩みなどが無いように正しく接続しましょう。

その後、テレビの電源を入れて状態を確認してください。

不具合が改善されない場合は、フレキシブルケーブルが交換が必要な状態であったり、コネクタが故障していたりするので、修理業者に相談してみましょう。

プラズマテレビの場合

テレビの電源を落とし再起動しましょう。

他の機器との接続ケーブルも繋ぎなおしてみてください。

また、背面にホコリがたまっている場合は掃除しておきましょう。

再起動することで、一時的な電気信号の不具合がなくなり縦線が出なくなることがあります。

接続ケーブルの繋ぎなおしも、コネクタ部分との緩みが無くなることで正常な状態になります。

また、背面のホコリが無くなると放熱ができるようになり、状態が改善する場合があります。

プラズマテレビは原因が内部のホコリの場合が多いので、テレビの再起動や接続ケーブルの繋ぎなおし、背面の掃除などをして状態が改善しない場合は、修理業者に相談しましょう。

テレビに縦線が出たときの対処法【注意事項!】

液晶・プラズマテレビに共通していることですが、個人で縦線が出てしまう原因を特定したり、対処したりするのは非常に難しいということです。

これは、縦線が出る原因の多くが、テレビ内部の精密機器の不具合である為です。

外部機器との接続をしなおすぐらいであれば、個人でも簡単にできますが、テレビの内部に原因があると難しいと思われます。

プラズマテレビを使用されている方が、ホコリを掃除しようとしてテレビの背面カバーを外し内部を掃除したところ、縦線が消えるどころかテレビが故障してしまったという事例がありました。

しかも、個人で背面カバーなどを外してしまうと、メーカーから保障を受けられなくなる可能性が非常に高いです。

まとめ

以上の点から、テレビ画面に縦線が出てしまった場合、簡単に行える再起動や接続ケーブルの繋ぎなおしなどで状態が良くならなかったら、基本的にテレビの修理業者に相談をしてみるのが一番良いと思われます。

もしも、テレビ側に問題がなければそれはテレビのアンテナ側に原因があるかもしれません、テレビ側に問題がないのにテレビに不具合が出るのであればこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

テレビの電波が理由?映像が乱れる原因について解説

さくらアンテナでは、アンテナのトラブルに年中無休で対応させていただきます。

電波状況の確認など、お見積り・現地調査は無料で行います。お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。