アンテナ工事に助成金がもらえる?その具体的条件とは何か? | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

アンテナ工事に助成金がもらえる?その具体的条件とは何か?

2020.10.19

アンテナ工事

この記事をご覧の皆さんの中には、アンテナ工事の際に助成金をもらうことができるのかという疑問を抱いている人もいることでしょう。

アンテナ工事を行う際には、まとまった工事費用がかかることになりますが、その際の工事費用に関して助成金を受け取ることができれば工事に関する経済的負担を軽減することができるので、助成金を活用したいと考えるのは自然な帰結であると言えます。

そこで、今回の記事では、アンテナ工事の際に助成金をもらうことができるのか、その条件とは何かなどについて説明していきます。

アンテナ工事で受け取ることができる助成金とは何か?

アンテナ工事の際に受け取ることができる助成金にはどのようなものがあるのでしょうか、具体的な内容については以下において説明していきます。

アンテナ工事を行う際に受け取ることができる助成金には「電波漏洩対策助成金制度」の存在が挙げられ、この助成金は4K8K対応のアンテナ工事を業者に依頼する場合に受け取ることができるようです。

この助成金を受け取る際の簡単な流れは以下のような流れになっています。

1.助成金給付の対象事業者である登録業者へ工事の依頼を行う
2.登録業者が助成金交付手続き申請を代行するための書類(委任状・確認書)に記入し提出する
 PAB(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)が申請内容を審査する
3.審査で許可が下りた後、登録業者が機器交換などの工事を行い、その旨をA-PABに報告する
4.助成金の確定金額が登録業者と申請者に告知され、助成金が登録業者に振り込まれ、その分を工事代金の割引に充てる

上記のような手続きの流れに沿って、助成金が給付されることになりますが、この助成金も必ず受け取ることができるわけではなく、受け取るためには決められたいくつかの条件を満たす必要があり、その条件には以下のようなものがあります。

1.2017年5月11日以前に従来のBSアンテナが設置されている。(右旋を受信できるBSアンテナが設置されている)
2.2018年6月8日以降に4K8K対応アンテナ設置の工事を行う
3.事務所や店舗に設置するわけではなく個人宅などに設置する工事である
4.URなどのような国・地方公共団体の住宅での設置工事ではない

助成金を受け取るためには上記に挙げたような条件を満たす必要があり、上記に定める期間よりも以前にBSアンテナを設置していない場合には、この給付金を受け取ることはできません。

また、上記で挙げた条件の他にもこの助成金は助成金利用の登録を済ませた登録業者に工事を依頼しなければ利用することができず、その登録業者にはエディオン、上新電機(ジョーシン)・ノジマ・ヨドバシカメラなどの業者が含まれています。

助成金の利用対象範囲には制限がある!

上記で説明したような条件を満たすことによって「電波漏洩対策助成金制度」というアンテナ工事に関連する助成金を利用することができますが、対象範囲には制限があります。

「電波漏洩対策助成金制度」の適用となる対象は、分配器・ブースター・テレビ端子などの交換費用の一部だけであり、テレビアンテナなどは対象範囲に含まれていません。

アンテナ工事に関する助成金であるからアンテナ部分にも助成金が適用されるわけではありませんので、この点に注意しておかないと代金の支払いの際に混乱してしまいます。

助成金の対象範囲には何が含まれるのかきちんと把握してから「電波漏洩対策助成金制度」を利用するようにしましょう。

詳しく知りたい人は、以下のページ内の資料を一度確認してみてください。

参考:総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業

助成金の給付額はどのくらいの額なのか?

「電波漏洩対策助成金制度」を利用することによって、具体的にはどのくらいの額の給付金の支給を受けることができるのでしょうか、その具体的な内容については以下で説明していきます。

基本的には、支給される給付金の具体的な額としてはA-PABが計算した標準的な経費の3分の2に相当する額が助成金として交付されることになっていますが、依頼する登録業者ごとに工事代金が異なっており、正確な給付金の同じではありません。

例えば、ブースタの設置工事を行う場合にはかかる費用としてはおおよそ18000円から40000円の間ほどになっており場合が多く、これらの場合の計算上の給付金の額としては、12000円から27000円ほどの額の給付金の支給を受けることができます。

上記の例は、あくまで計算額であるので、正確な額を知りたい人は登録業者に見積もりを取ってもらって確認してみてください。

まとめ

ここまで、アンテナ工事の際に助成金をもらうことができるのか、その条件とは何かなどについて説明してきましたが、いかがでしたか。

アンテナ関連の工事を行うにはまとまったお金が必要になり、我々のような一般人にとって決して小さな額とは言えないことから、給付金を利用してアンテナ関連の工事を行うことができれば他の重要な事項にお金を使うことができるようになります。

アンテナ設置・工事に関してお困りごとなどありましたら、ぜひさくらアンテナにお任せください。アンテナに関するお悩み全て解決いたします。

お問い合わせはこちら

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。