引っ越しの時のテレビ配線はどうしたら良い?プロが解説します | テレビ・地デジアンテナの格安設置工事ならさくらアンテナ(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西完全網羅)

0120-09-2424

0120-09-2424

privacy コラム

引っ越しの時のテレビ配線はどうしたら良い?プロが解説します

2022.06.06

テレビの知識

引っ越しは終わったけど、テレビ配線をどうすれば良いかわからない。

このようなお困りごとを解決させていただきます。

筆者はテレビトラブル解決のプロとして、多くの事例を経験しています。

テレビの配線は特に難しいものではありません。

事前の準備や接続の工程の確認をしっかり行えば、ちゃんとテレビが視聴可能になります。

ですが、まず何をすれば良いかわからない、という方も多いと思いますので作業のスタートから丁寧に解説していきます。

引っ越しの時のテレビ配線はどうしたら良い?【引っ越し前にできること】

引っ越しの前にできることとして、3つあります。

引っ越しでバタバタしていると意外と忘れがちなのが、引っ越し後のテレビの配線に関してです。

引っ越し終わりで、テレビをみながら一息つきたいときにテレビがうまく映らずショック…。

なんてことが起きないよう、事前に以下の3つのことを準備することをおすすめいたします。

配線部分をカメラで撮っておく

引っ越し後に同じ配線にするのであれば、配線を外す前の状態を全てスマホのカメラなどで撮影しておきましょう。

配線の作業中にわからなくなったら、撮影したものを確認できて安心です。

ケーブルと差し込み口に目印をしておく

配線を外していく前に、ケーブルとそれが繋がっている差し込み口に目印を付けておきましょう。

養生テープなど、後からはがしやすいものを使用して、ケーブルと差し込み口に同じ数字などを記入したテープを貼っておきます。

カラーテープなども有効です。

外したケーブルは全て一か所にまとめる

ケーブルは一本ずつ輪ゴムや結束バンドで束ねておきます。

また、引っ越し後にわかりやすいように、外したケーブルは全て同じ箱などに保管しておきましょう。

引っ越しの時のテレビ配線はどうしたら良い?【引っ越し後の作業】

引っ越し後の作業は状況により幾つかのパターンがあります。

基本的には共通している部分が多いのですが、お部屋のテレビ設置部分や、見たいチャンネルなど細かい点での違いがあります。

自分はどういう流れで進めていけば良いんだろう?

お困りの方にも分かりやすくパターン別に解説していきます。

テレビ配線の流れ【事前に目印を付けた場合】

①引っ越し前に配線状態を撮影しておいたり、ケーブル・差し込み口が対になるようにテープなどで目印を付けておいた場合だと、そのまま目印通りに対になるようケーブルを繋いでいけば、すぐに配線は完了できます。

途中で写真を見ながら確認するのも効果的です。

②配線が完了したら、テレビの電源を入れてチャンネル設定をしましょう。

引っ越し前後では、視聴できるチャンネルが変わっている可能性が高いので、チャンネル設定でお住まいの地域に合わせ変更しましょう。

この時にB-CASカードが正しく挿入されているか確認してください。

問題なくテレビが視聴できれば、これで作業完了です。

テレビ配線の流れ【地デジのみ】

①地デジ視聴のみなら、部屋の壁などにあるアンテナ端子にアンテナケーブルを差し込み、ケーブルの反対側をテレビの『地上デジタル入力端子』に差し込めば配線は完了です。

②テレビの電源を入れて、引っ越し先の地域にチャンネル設定を変更しましょう。

テレビ配線の流れ【地デジ・BS/110度CSの場合】

①地デジ・BS/CSを視聴される場合、部屋のアンテナ端子が地デジとBS/CSに分かれているタイプか、そうでなく端子が一つしかないタイプか確認してください。

アンテナ端子が一つの場合は、地デジとBS/CSの電波を分けるための『分波器』が必要になります。

アンテナ端子にアンテナケーブルを差し込み、反対側を分波器の入力に差し込 んでください。

分波器の出力部(地デジ・BS/CS)にアンテナケーブルを繋ぎ、反対側をテレビの地上デジタル入力・BS/CS入力に差し込んでください。

アンテナ端子が地デジ・BS/CSに分かれている場合、それぞれの端子にアンテナケーブルを差し込み、反対側をテレビの地デジ・BS/CS入力端子に差し込んでください。

以上で配線は完了です。

②テレビの電源を入れてチャンネル設定を行い、お住まいの地域の設定に変更してください。

問題なく視聴できれば作業完了です。

テレビ配線の流れ【レコーダーなどを使う場合】

①テレビを録画する為のレコーダーなどを一緒に使う場合、部屋のアンテナ端子から、まずレコーダーのアンテナ入力端子にアンテナケーブルを繋ぎ、レコーダーのアンテナ出力端子からテレビのアンテナ入力端子にケーブルを接続する流れになります。

②配線が完了したら、テレビ・レコーダーの電源を入れて両方チャンネル設定を行ってください。

問題なく視聴できれば作業完了です。

引っ越しのテレビ配線後のトラブル【アンテナの問題は『さくらアンテナ』にご相談ください!】

配線が完了したけどテレビの映りが悪かったり、視聴できないチャンネルが出てきてしまった時はアンテナ関係に問題がある可能性があります。

そんな時は、アンテナ工事専門業者『さくらアンテナ』にご相談ください。

『さくらアンテナ』では、アンテナの不具合に年中無休で迅速な対応をさせていただきす。

熟練のアンテナ工事技術者が、アンテナの状態や電波状況を確認して最適な作業をさせていただきます。

見積り・現地調査は無料です。

見積後のキャンセルも可能ですので、引っ越し後のテレビ視聴のトラブルなど、是非一度お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

24時間受付 スピード見積はこちらまで!

最新記事

近畿地方 完全網羅

エリア続々拡大中

アンテナ設置工事対応エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
対応エリア

テレビアンテナの設置や工事について

さくらアンテナでは、地デジ対応のスタンダードなUHFアンテナ(八木式アンテナ)やBS・CSアンテナ、4K8K対応アンテナ、デザインアンテナ等、様々なテレビアンテナの設置の工事や修理に対応しています。万が一のアフターサポートも充実しており、365日年中無休で、電気工事技師がトラブルを解決しに駆けつけます。サポート期間は業界最長の10年保証です。対応地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県になります。お見積り・現地調査は無料です。お問い合わせは24時間受付しております。アンテナの修理や工事、設置は是非、さくらアンテナにご相談ください。